イタリア語 x 学ぶ
イタリア x カルチャー
検索ボックス
LCIのLINE@
lineat_only

友だち追加数

2018年3月11日 (日)

サルデーニャ伝統レンティスコのオイル~L'olio Lentisco

サルデーニャはイタリア半島西海岸から306km離れた場所にある島。現在も自然の豊かさにより薬草なる植物たちが多く見られる。この州はブルーゾーンとしても知られ長寿大国である。160万人の内220人が100歳を超える。この健康に一役買っているのがレンティスコのオイルだという。

Lentisco_1Lentisco





La Sardegna e' un'isola a 306 km dalla costa occidentale della penisola italiana. E' caratterizzata da splendidi paesaggi naturali ed e' ricca di piante ed erbe medicinali. 
Questa regione e' conosciuta anche come "zona blu" per l'alto tasso di longevita' dei suoi abitanti: 220 persone su 1.6 milioni hanno raggiunto l'eta' di 100 anni.
La longevita' della popolazione sarda e' dovuta anche alla sua particolare dieta in cui svolge un ruolo importante il cosiddetto olio lentisco. 

レンティスコ(マスティック)の木はピスタチオの一種でカイノキ属である。この実をコールドプレスして、絞ったオイルである。伝統的に抗酸化剤、傷跡を癒す効果、収斂剤、保湿剤などとして使用されてきた。このレンティスコオイルが作られた過程は遠い過去に遡り、多くの事象に基づいてる。起源前1800年~紀元前2世紀頃のヌラーギ時代。

Lentisco_2Lentisco_3



L'olio lentisco viene prodotto tramite la spremitura a freddo delle bacche di lentisco (Pistacia lentiscus, L. 1753).
La tradizione popolare attribuisce a quest'olio varie proprieta' curative come quella di antiossidante, coadiuvante nei processi di cicatrizzazione, astringente e idratante.
La lavorazione e la produzione dell'olio lentisco affonda le sue radici nel lontano passato, numerose infatti sono le testimonianze che attestano l'uso di questo olio sin dall'epoca nuragica (1800 a.C. - II secolo a.C.). 

Lentisco_7


メディフローラ工房ではこの古代の伝統を守る為、現代の革新的な自然と科学の融合により、商品化を実現した。まず、あらゆる植物を研究する為に学問全領域を適用し、過去での使用方法から未来での使用可能性を模索した。また一方で、植物の採取、商品製造の過程において、自然を保持し、伝統を守ることにも貢献した。

Il laboratorio Mediflora attinge dall'antica tradizione della lavorazione del lentisco con rispetto e passione per creare oggi dei prodotti che si basino sul perfetto connubio tra scienza e natura, tradizione e innovazione. 
Da una parte vengono infatti applicate varie branche della scienza per studiare le varie specie di piante, il loro uso nel passato e nuovi possibili usi futuri.
Dall'altra si cerca di preservare la natura e rispettare la tradizione durante i processi di raccolta e lavorazione

Lentisco_4_2Lentisco_8_2


商品名はSTINCU。レンティスコの実から絞ったオイル100%で作られる。メディフローラでは汚染されていない場所で育ったレンティスコの木から手摘みで熟した木の実だけを採取し、木を傷つけないように注意している。水は雨水を利用するなど再生資源エネルギーを使い自然を大切にしている。

更に、コールドプレスをすることにより出来上がったオイルのクオリティにも配慮している。

Prodotto trainante dell'azienda e' l'olio Stincu, olio prodotto al 100% da bacce di lentisco.
Mediflora si assicura che le bacche crescano in luoghi incontaminati e che vengano sgranate manualmente in modo da raccogliere solo i frutti maturi preservando le piante.
La lavorazione delle bacche avviene nel massimo rispetto dell'ambiente grazie all'utilizzo di energie rinnovabili e di acqua piovana. Inoltre, nel rispetto della tradizione, le bacche vengono spremute a freddo in modo da mantenere le loro preziose qualita' naturali.

Lentisco_6Lentisco_5_2


【STINCUオイルは健康に良い?】

近代の研究において、習慣的に使用されてきたレンティスコオイルには健康に効果をもたらすことを証明している。まず、消化作用、コレステロール悪玉の形成に抵抗し、善玉の促進する作用、抗酸化作用、腸の活発化、胃潰瘍や腸疾患のリスクを抑える、更に便秘、胆石から守る効果がある。

【レンティスコオイルの使い方】

レンティスコのオイルの味わいは強く、アロマティック。お肉や魚のローストや狩猟肉の煮込み、また熟成チーズや青かびチーズによく合います。 またはスープ、ミネストローネ、生野菜サラダに添加したり、魚のカルパッチョも試してみてください。

Proprieta' dell'olio Stincu:
Moderne ricerche hanno confermato le proprieta' curative che la tradizione attribuisce all'olio lentisco. L'olio Stincu infatti e' altamente digeribile, combatte la formazione del colesterolo "cattivo" e favorisce la produzione di quello "buono", svolge un'azione antiossidante, aiuta a regolarizzare l'attivita' intestinale, riduce i rischi di ulcere gastriche e intestinali, ha un effetto lassativo e un effetto protettivo contro i calcoli biliari.

Usi:
L'olio Stincu ha un gusto intenso e aromatico. E' consigliato sugli arrosti di carne e pesce, sulla cacciagione in tegame, sui formaggi erborinati o a lunga stagionatura. Ottimo in aggiunta alle zuppe, alle minestre di verdura e alle insalate a crudo. Da provare sul carpaccio di pesce.

【レンティスコオイルを試してみたい方に良い機会があります!】

『オリーブオイルとお食事の合わせセミナー』 

3月25日(日)12:00~14:00 @浜田山のリストランテ DA CASETTAにて開催。

詳しくはこちらをご覧ください。http://lci-italia.com/cucina.html

Kyoko Matsuyama -LCIイタリアカルチャースタジオ

2018年3月10日 (土)

「ワインとグルメの資格と教室2018」に掲載

毎年LCIイタリアカルチャースタジオで開催しております、WSAイタリアワインソムリエのコースがイカロス出版「ワインとグルメの資格と教室2018」に掲載されました。

2018年研修旅行開催決定! BIBENDA (FIS)本部研修とローマ近郊の重要なワイナリー訪問・ワイン生産者とのコラボ:お食事とのアッビナメント実践 全てイタリア人講師がガイドします。 

日程:10月13日(土)午後~14日(日)終日 

WSAイタリアワインコース、過去の受講の様子はこちら!  

WSAイタリアワイン専科ソムリエコースのQ&Aはこちらをご覧ください

Img0608

Img0609

2018年3月 9日 (金)

Workshop Tesori dell' Emilia Romagna エミリアロマーニャ州の宝物

  エミリア ロマーニャ州を知る! 

Emilia_romagna__enogastronomia821_2

今回はエミリアロマーニャ州出身のLUCA Malagutiさんによるワークショップを開催します!

Luca Malaguti presenta i tesori della regione di Emilia Romagna, famosa per il prosciutto, l'aceto balsamico, il parmigiano ecc. Parlera` del territorio e dei prodotti piu` famosi.

エミリアロマーニャ州について、観光のお勧めポイントや、ここから生まれた有名ブランド、更に郷土料理や食材;生ハム、バルサミコ酢、パルミジャーノ レッジャーノを始め、ご案内します。



【la prima parte 第1部】

● Luoghi famosi e localita` turistiche 知っておきたい観光スポット

● Le aziende piu` importanti dell'Emilia Romagna フェッラーリなど有名企業(ブランド)

● I prodotti di Luca  厳選商品とその作り手の紹介

【la seconda parte 第2部】
Assaggiamo i prodotti tipici! エミリア ロマーニャ州を味わう! 特別販売もあります!
 
★ Caffe' Molinari  カフェ モリナ―リ
★ Aceto Balsamico  DOP  本当のバルサミコ酢
★ Sali da bagno  バスソルト:チェルヴィアの塩田より(ローマ帝国時代のテルメで使用された塩!)
★ Tisane di "L'Angelica" フレーバーティー;イタリアで定番のAngelica! 
★その他、モスタルダや パルミジャーノ、プロシュットも試食できます。

   REGALO !!!    プレゼント!お申込みの際下記より1つお選びください。

Per tutti i partecipanti regali a scelta tra, 

 ア) un contenitore di sali da bagno  バスソルト
 イ)una scatola di Tisane   ティーバッグセット
 ウ) una scatola di caffe' in capusule カフェ モリナ―リ(ネスレでも使えるカプセル仕様) 
 エ)caffe' in polvere カフェ モリナ―リ(250g)

【日程】  4月8日(日) 15:00~17:00

【参加費】4000円 (3500yen per gli studenti d'Italiano LCI)        

【会場】:LCI イタリアカルチャースタジオ 

お申込みはこちらへどうぞ。 

またはEメール: info@lci-italia.com

2018年3月 3日 (土)

イタリア文化セミナーレポート”テレビ広告Carosello ”

Seminario Culturale ~l'influenza della pubblicita' nella cultura popolare Italiana

2/25(日)イタリアのテレビ広告番組『Carosello』を題材に、イタリア広告と庶民の生活をテーマとして、文化セミナー第一弾をお送り致しました。 

第一回目は、 Arianna先生が1950年代終わり頃~80年代におけるイタリア社会の変化をテレビの広告を通して、イタリア人講師の視点で 分かり易くご紹介しました。

Carosello_1Carosello_2



Caroselloで放送された広告の動画を実際にいくつも観ていきました。

興味深いのが、1950年代、イタリア語が標準化されていった時代でもあり、庶民が方言から標準語への移行にもカロゼッロは重要な役割を果たしました。

カリメロたちがどんな言葉で話しているか?いかがでしたでしょうか。

休憩を挟み、Quizタイムも!

Img_0585Img_0594_2



そして7年間、LCIを大変盛り上げてくれたArianna先生がご懐妊と転居により今回が最後のセミナーとなりました。皆様Arianna先生へお心遣い有難うございました。Grazie mille per tanti pensieri!!

赤ちゃんの写真が届きましたら皆様にお送りさせて頂きます。

Da_yoko_shibata_03Keiko_nishiyama_2



Da_yoko_shibata_05



↑ STARのDADO! Caroselloにも登場、ずっと広告の絵柄が変わらないイタリア商品を参加者の方へプレゼント。

Grazie di essere venuti!!!! ご参加頂いて有難うございました!

☆ご参加された日伊文化交流会柴田様より感想ブログを頂戴しました☆ Grazie mille!!!

次回第二回のセミナーは、6月17日開催します!

引き続き、Caroselloも取り上げながら現代イタリアに繋がる影響をみていきましょう。

特にCaroselloでは、映画界の巨匠フェデリコ・フェリーニやピエロ・パオロ・パゾリーニが製作に名を連ねております。彼らの製作した宣伝、広告なども解説する予定です。

Sara先生が担当します。

3月からはレティツィア先生とヴェロニカ先生という新しい先生二人も加わり LCIを盛り上げていきたいと思います。

 Vi aspettiamo!

     LCI イタリアカルチャースタジオ

2018年2月26日 (月)

ピエモンテ州郷土料理とMalvira'ワイン講座 開催しました!

Villa Tiboldi(ピエモンテ州ロエロ)のシェフ直伝料理講座~Malvira' のワインと伴に!

2月のイタリア郷土料理とワイン講座 

Img_0575

Img_0544




プリモ、セコンド、ドルチェの3品をシェフLUCAさんに教えていただきながら皆さんで一緒に作りました。

また今回は、各一品にそれぞれワイン(泡、白、赤、ドルチェ(貴腐)ワイン)を合わせて頂く、とても贅沢な内容でした。

Img_0492_2

LCIに以前ワインセミナーでもお越しになったMalvira'ロベルトさんのワインは非常に好評で、今回の講座では特別販売分は、なんと完売!

【シェフのプロフィール】

シェフ LUCA CUTTICA ルーカ・クッティカ
1991 年生まれ 出身:ピエモンテ州ニッツア・モンフェッラート
Agliano Terme ホテル学校を経て、Mondovi ホテル学校卒業
主な職歴
Ristorante Enoteca di Canelli / ピエモンテ、カネッリ で 2 年
La Sosta Restaurant / ロンドン で 6 ヶ月
Westin “Dragonara Resort” / マルタで2ヶ月
Aldemar Royal Mare / ギリシアで 8 ヶ月 Show Cooking に従事
Sauze d’Oulx Relais a Chateaux “Il Capricono” / サウゼ・ドルクスで 8 ヶ月
Ristorante Madernassa / ピエモンテ、グアレーネで 2 年 (** ミシュラン 2 星)
Ristorante All’Enoteca dello chef Davide Palluda /ピエモンテ・カナーレで 2 年
(**ミシュラン 2 星)
そして、2017 年7月より Villa Tiboldi の総料理長に就任、現在に至る。
彼の料理ポリシーは、厳選されたピエモンテの素材で、ピエモンテ料理のレシピを
再発見しながら、自分ならではの感性、ひらめきと経験により表現する。

今回のMENUwine

乾杯のスプマンテ:Malvira' Rive Gauche , Arneis


【Primo】 Taiarin con ragù di verdure  タヤリン野菜のラグーソース 

      合わせるワイン: Roero Arneis

Img_0518

Img_0512
 
 
 



Img_0532

Img_0543



【Secondo】Costine di agnello al Roero  ラムチョップのロエロ風 
 
             合わせるワイン:Roero Rosso
 

Img_0557

Img_0564

 
 



Img_0566

Img_0569




【Dolce】Torta di nocciole con crema allo zabaione  
     ピエモンテ産ヘーゼルナッツのタルト、ザヴァイオーネクリーム添え
 
      合わせるワイン: vino Renesium

Img_0491

Img_0574



Img_0549

Img_0570



本当に素晴らしいLucaさんのお料理に皆さん大満足でした。

Lucaさんは笑顔で熱心にひとつひとつの行程について説明しくださいましたので、分かりやすかったですね。 LucaさんChiaraさんご夫妻の飾らない明るい人柄に、皆さんすぐに打ち解けて後半はワインと共に楽しい会となりました。

-

3月はオリーブオイルテイスティングの講座を、浜田山ダ・カゼッタのランチと共に開催します!

また4月にも、イタリア人ゲストと共に料理講座を予定しております。

LCIイタリアカルチャースタジオ

2018年2月 6日 (火)

サルデーニャ~エノガストロノミアの旅のご案内

 

Sardegna_mappa_3

日程:2018年 10月6日(土)~10月13日(土)カリアリ発

【オプション】※下に詳細あり。ワイン研修13日夜~14日(日)ローマ泊 15日(月)ローマ発 16日(火)成田着

≪10名様限定≫

今年のテーマは  

◎イタリアの中でも異文化を貫くサルデーニャの知られざる文化を知る。

◎地中海に浮かぶ島で作られるワインも北~内陸、南部、島とさまざま。生産者とその土壌の秘話を知る。

◎限られた重要なオリーブ生産地のひとつ。生産者また、サッサリのオリーブオイル鑑定士たちと土着品種のテイスティングを学ぶ。

◎ペコリーノサルドチーズのビオで徹底して作る家族の工房を訪ねる。

◎サルデーニャの伝統菓子、さまざまな形のパスタの作り方を地元のマンマたちに伝授頂く。

◎Cortes Apertes祭りに参加!サルデーニャ独特の文化を体験する。カーニバル、民族舞踊、伝統工芸、食材祭り。

◎更にサンピエトロ島でマグロのカラスミ他堪能! この島のフィキセラの影響を受けなかったワイナリー訪問。

◎サルデーニャの素朴さ、そして地元の人たちの温かい心の深さをたっぷり味わって頂きます!

LCI 郷土料理研究家松山恭子がご案内。 

現地料金:200,000円(税別)

お部屋のシングルユースご希望の場合は追加料金50,000円(限定数のみ)

※料金にはチャーターバスでの移動費、滞在先、朝食、通訳ガイド費用は必ず含まれますが、その他のお食事、入館料、アクティビティなどは基本的には含まれておりませんが、詳細は最終的な調整後のご案内となります事をご了承ください。


※航空券は別途必要. 下記料金は現在アリタリア様よりご提示頂いておりますが、予約確定ではございませんので、変更の可能性もありますので、ご了承ください。

航空券もご希望の場合、アリタリア航空で下記フライトをご用意します。(3月末までの発券が要)

エコノミークラス:148.110円

ビジネスクラス:381.010円  


オプション※WSAイタリアワインソムリエ研修 10月13日(土)~14日(日) 45,000円(シングルユース料金は追ってご連絡します)

13日(土)ローマ本部BIBENDA (ホテル カヴァリエレ内)にてワイン研修を講師やソムリエと共に行う。  

14日(日)歴史的カンティーナFIORANOへ講師たちと訪問し、テイスティング(ランチ)。夜はローマ市内のワイン生産者が運営するレストランでワインとお料理のアッビナメントを講師と共に開催予定。


≪旅程(予定)≫  *プログラムの変更はご了承ください。


【10月6日(土)】22時頃 サルデーニャ島カリアリ空港集合。すぐ近くのアグリツーリズモでお休みください。

【10月7日(日)】(州都カリアリ)完全ビオで造るペコリーノチーズ工房FLORISは家族経営。 伝統衣装に料理に民族舞踊を体験します。羊はサルデーニャで人より多い!世界遺産ヌラーギBARMINI見学。 サンピエトロ島(カルロフォルテ)へ渡る。海を前に滞在し豊かなひと時を。マグロのカラスミなど日本人には堪らないほど生魚が美味しい! 

Blog6



【10月8日(月)】(サンピエトロ島)リグーリアの移民が辿り着いたこの島はリグーリアの言葉が今も残る。Cantina Tanca Gioia訪問。ボヴァーレやモスカートの太陽を浴びた熟したブドウで造るワイン。更にここは塩田のフラミンゴたちと出会う。 オリスターノへ向かう。サントゥルッスルジュ村に滞在。

Blog5

【10月9日()】旅人でなく住民として迎えようというスローガンBAIの村「サントゥルッスルジュ」:現実逃避したような素朴で素敵な滞在先に加え、サルデーニャ食材を活かした洗練されたリストランテでワインと共にご堪能ください。村長に迎えられ、村人気分で観光。

Blog4

オリスターノ(カブラス) ボラの釣りを見てカラスミ料理を満喫する。ここでしか作られないヴェルナッチャ・ディ・オリスターノのワイナリー訪問。 アルゲーロへ向かう。 オリーブオイルテイスティング講座(サッサリ商工会議所鑑定士と開催)

Blog3_2


【10月10日(水)】(アルゲーロ)標識にカタルーニャ語とイタリア語2つ併記され、カタルーニアの影響を受けた独特の穏やかな雰囲気の海辺の街。

Blog1_5

『アッカデミア オレアリア』オリーブ農園訪問(剪定講座)  ボートでグロッタネットゥーノ(洞窟)へ幻想的な鍾乳洞の世界。ワイナリー:注目のビオディナミ生産者デットーリさん!ブドウ収穫に挑戦!そこで採れた野菜やお肉などを使った彼のレストランでワインと頂く。 夜遅くまで安心してアルゲーロ街散歩もできます。

Blog2_2



【10月11日(木)】  内陸ヌオーロへ。ヌオーロの辺りはサルデーニャ文化の発祥地。BARBAGIA の秋祭り!Cortes Apertasに参加。サルデーニャ独特のカーニバル衣装や工芸品の貴重なナイフ。そして羊飼いたちと一緒にお食事を楽しむ。マモイアーダはワインのもうひとつの重要な土地。ワイナリー訪問。

Blog7

【10月12日(金)】 パーネカラサウ作り体験!セアーダス、フリンデウなど未だまだ知らないサルデーニャのパスタを体験しましょう。一度仲良くなると一生友達!といった深い友情を感じることでしょう。

Blog8

【10月13日(土)】13時頃 カリアリ空港へ向かう。ローマ一泊。翌日14日(日)帰途に着く。(アリタリア航空の場合 ローマ経由で翌日15日(月)着。)

第1回 お申込締切 2018年3月20日(火)

【お問い合わせ・お申込み】LCI イタリアxカルチャースタジオ

Email: info@lci-italia.com Tel:  0422-24-8897 

 

2018年1月31日 (水)

イタリア広告と庶民の生活~LCIセミナーより

イタリアの経済ブームはやはり1950年~1960年代に起こり、その時に入ってきたテレビは国民の意識を刺激し、固める働きがあった。テレビは庶民の生活に密着し、実に道徳を学べる初めての学校のような存在だったといえる。テレビによって、人々が共存できる場所、また、シチリアからピエモンテまで隔たりなく共有できるフレーズが生まれた。

1957年2月、初めてカロゼッロという番組が登場した。その夜から毎日、災害や特別なイベントがない限りカロゼッロはイタリア人家族のお茶の間に現れた。とりわけ、子供に人気があり、寝る前にこの10分だけのカロゼッロの番組を観ることが許されていた。 

その証拠に、「カロゼッロの後ベッドへ!」21時までに寝ないといけない子供の習慣を意味する表現が定着した。 

更に、登場人物やキャラクターの有名なフレーズは60年経った現在でもイタリア人たちは日常に使っている。

つまり、カロゼッロという番組の存在はイタリア語の発展にもとても重要な役割を果たしたことが分かる。 キャラクターたちが使っていた言葉が話し言葉としてイタリア国民の共通語となっていった。

しかし、イタリア人の心にある感情、とりわけ家族間の話題などでは、やはり『Casa』(我が家)の言葉として、方言が重要視される。実際に、カリメロのマンマはヴェネト州の方言を話している。

次のビデオでどんな言葉を話しているか観てみてください。

この内容に興味がる方は2月25日(日)12時~セミナーを開催します。

とても興味深い内容ですので、是非ご参加おまちしております。 

詳細はこちら http://lci-italia.com/seminar.html

VIDEO クリック!

Calimero


Nell'Italia del boom economico degli anni ’50 ’60 la televisione ha contribuito e consolidato il senso di nazione. La televisione e` stata un vero e proprio collante, la prima vera scuola virtuale. Ha prodotto i primi luoghi comuni, le prime frasi condivise, senza distinzioni dalla Sicilia al Piemonte.

Nel febbraio 1957 e` andato in onda per la prima volta il Carosello. Da quella sera, tutti i giorni, tranne qualche eccezione per tragedie o eventi speciali, il Carosello ha rappresentato un appuntamento per tutte le famiglie italiane. In particolare piaceva molto ai bambini ed era permesso loro di guardare i 10 minuti delle trasmissione di Carosello prima di andare a letto. Infatti si usava spesso l’espressione “a letto dopo il Carosello” per indicare che i bambini dovevano andare a letto entro le 21:00.

Inoltre diventano famose le frasi dei personaggi che, ancora oggi, dopo 60 anni, gli italiani usano ancora. Quindi possiamo dire che il Carosello sia stata una trasmissione molto importante per la lingua italiana. Gli slogan usati dai personaggi sono entrati nella lingua comune. La tv ha svolto un ruolo guida nella lingua, poi si è sempre più avvicinata allo standard della lingua parlata. 

E` anche interessante notare che per l’italiano di “casa” oppure nelle scene comiche venga usato il dialetto come per la mamma di Calimero che parla il dialetto veneto.

2018年1月29日 (月)

LCIコンクール&新年会2018を開催いたしました

Buongiorno! 1/28(日)LCIにてイタリア語のコンクール&新年会2018を開催いたしました。

皆様、ご参加有難うございました!

Imgp0012_9Imgp0006



前半は、Sogno nel cassetto! イタリア語 コンクール

Sogno nel Cassettoとは、LCIでは各自イタリア語のスキルアップ目標をたて、6カ月毎にテーマに沿って発表して頂きます。達成した際は、LCIディプロマを差し上げます。

2016年より、毎年1月はSogno nel Cassettoのコンクールを開催しており、なんとsign01

優勝された方には、一週間のイタリア留学&滞在が贈られます!shine

Imgp0038_8

今年は”La citta' italiana”イタリアの街をテーマにそれぞれ、イタリア語でスピーチいただきました。

皆様 色々なイタリアの町への思いを発表いただき、レッスンの成果を素晴らしく発揮していらっしゃいました。

お疲れ様でした。Congratulazione!!

入賞者への表彰の後、後半は新年会。

Cioccolata Calda(ホットチョコレートドリンク)を作って、Cantucciniと一緒に召し上がれ。

ペペロンチーノを少し入れ、甘くて濃厚なチョコラータにピリッとペペロンチーノの刺激があって、寒い日には体の芯から温まる特別な飲み物です。

もうすぐバレンタインにも、ぜひお試しくださいheart04



Imgp0028

Imgp0032



Grazie a tutti!!!

さて、LCIイタリアカルチャースタジオ 次回のイベントは、イタリア文化特別講座『イタリア広告と庶民の生活』第1回 

カリメロやトポジージョが生まれたイタリア商品をご存じですか。参加者にはプレゼントします!

イタリア語が標準化されていった変革の頃のお話です。当時広告番組カロゼッロの重要な役割について、ご紹介します。実際にカリメロたちがどんな言葉で話しているか観てみましょう。

【日時】 2018年2月25日(日)12:00~14:00

【参加費】4000円(LCIイタリア語生徒割引) 一般:4500円

【講師】  Arianna Lo Giudice (通訳あり)

お申し込みはこちらへどうぞ。 

Eメール: info@lci-italia.com  TEL:0422-24-8897

 

LCIイタリアカルチャースタジオ  吉祥寺

2018年1月11日 (木)

イタリア文化セミナー:イタリア広告と庶民の生活 L'influenza della pubblicita' nella cultura popolare Italiana

今回の文化セミナーはイタリアテレビ広告を取り挙げます。多大な影響を与え、大成功を遂げますが、実際、イタリア庶民の生活に溶け込むこととなり、今でもその文化がイタリア人の慣習に見られます。

日本にも多大な影響を与えており、とても興味深いテーマなので、イタリア人講師の視点からご紹介したいと思います。

カリメロやトポジージョが生まれたイタリア商品をご存じですか。参加者にはプレゼント!!

Carosello1

Calimero



『カロゼッロ』という番組はイタリアの商品を紹介する10分だけの番組です。この番組を作ったメンバーの中には映画界の巨匠フェデリコ・フェリーニやピエロ・パオロ・パゾリーニが名を連ねております。

さて、カリメロはというと、洗濯機用洗剤を宣伝しておりましたし、イタリアのカフェ文化の立役者モカ ビアレッティはこのキャラクターが今でも使用されております。口髭が特徴!

更にトポジージョはビスコッティのパヴェジーニで登場し、とても有名になりました。

Topo_gigio

Bialetti



★2018年第1回目のLCI文化セミナーは、1950年代終わり頃~80年代におけるイタリア社会の変化を

テレビの広告を通して分かり易くご紹介します。

★もう一つの観点として興味深いのが、イタリア語が標準化されていった時代でもあり、庶民が方言から標準語への移行にもカロゼッロは重要な役割を果たしました。

実際にカリメロたちがどんな言葉で話しているかご紹介します。

★現在にも続く有名なイタリア商品が出来上がった理由には、イタリアの優れた広告の作り方があったようです。イタリアを身近に感じられるテーマですので、イタリア好きな方是非ご参加お待ちしております。

Conoscete Calimero?

E` un personaggio del “Carosello” programma TV italiano dal 1957 al 1977.Solo 10 minuti per pubblicizzare i prodotti italiani. Per la realizzazione di Carosello hanno partecipato tanti registi importanti come Federico Fellini e Pier Paolo Pasolini.

Calimero pubblicizzava un detersivo per lavatrice. Anche la famosa Moka Bialetti era pubblicizzata da un personaggio che possiamo trovare ancora oggi: l’omino con i baffi.

O ancora Topo Gigio che e` stato usato per i biscotti Pavesini, molto famosi in Italia.

Quest’anno al Seminario culturale di LCI parleremo della societa` italiana dalla fine degli anni ’50 fino agli inizi degli anni ’80. Il boom economico, la TV, la pubblicita`, i personaggi e i prodotti famosi ancora oggi.

【日時】 2018年2月25日(日)12:00~14:00

【参加費】4000円(LCIイタリア語生徒割引) 一般:4500円

【講師】  Arianna Lo Giudice (通訳あり)

お申し込みはこちらへどうぞ。  Eメール: info@lci-italia.com  TEL:0422-24-8897

 

2018年1月 4日 (木)

イタリア郷土料理とワイン講座12月のレポート 

12月 LCIのイタリア料理講座ではサルデーニャ州の伝統料理とワインをご紹介しました。

TEMA: サルデーニャ島の郷土料理とワイン

サルデーニャ島はペコリーノ(羊のチーズ)が有名ですが、FLORIS家族が造るオーガニックpecorinoを召し上がったことはございますか。

サルデーニャ出身で食材をインポートなさっているGianlucaさんと一緒に郷土料理を作りました!

MENU:

Primo:  手打ちパスタ   Tallutzas ricamdas con sugo di Agnello


Img_03541
Img_04141



 



Sugo di agnello

子羊のソース

================

Img_03801Img_03651

============



Primo: サルデーニャ名産カラスミで頂く郷土パスタ『フレグラ』  Fregula alla bottarga 

Img_03941Img_04041

============================



Dolce: 『サパ』のタルト  Torta di Sapa

Img_03831Img_04231

==============================



Grazie Gianluca!



Grazie a tutti di essere venuti! 

Img_03961Img_03581