イタリアセミナー Feed

2019年10月16日 (水)

今回のあるある疑問セミナーのテーマは関係代名詞 PRONOMI RELATIVI を一緒に勉強してみたいと思います。

こちらのセミナーはイタリア語学習者であればどんな方でも受講して頂けます。

イタリア語検定試験にもお役立てください。
 
【関係代名詞のいろいろ】
 
Che/chi, in cui, per cui, di cui, a cui, da cui
 
Il quale, la quale, i quali, le quali 

Relative_2

【開催日程】

どちらの回も同じ内容でございます。日程はご都合に合わせてお選びください。

  ◎12月6日(金)15:00~16:30

  ◎12月11日(水)13:00~14:30

  ◎12月14日(土)11:00~12:30

E` utile anche  per preparare l'esame di italiano!!! 

 イタリア語検定対策にも役立ちます!

【講座内容】Che cosa impariamo?

★どんな関係代名詞があるでしょうか。 quali sono i pronomi relativi?

★ 文章でどのように使えばよいでしょうか。come usare i pronomi relativi nelle frasi? 

【参加費】 3,500円(LCIイタリア語生徒割引:2,500円)

 ※講座の時間:3名以上~90分、2名の場合は60分で行います。

お申し込みはこちらへどうぞ。info@lci-italia.com 


LCIイタリアカルチャースタジオ

2019年10月 1日 (火)

ご予約受付中! IN TOSCANA SI FA FESTA - VIAGGIO TRA SAGRE E RIEVOCAZIONI STORICHE

今では田舎で過ごすひとつの機会であるお祭り。そこでは郷土料理を食べ、人の笑顔が溢れる楽しい時間が流れます。

イタリア人にとっては歴史的、宗教的に重要であったり、新しい季節の到来を祝う儀式だったりとそれぞれ意味を成しています。フェスタでは、大きなテーブルを囲って、郷土料理を頂きながら、隣の席の人とお喋りが弾んだり、中世の衣装を着て練り歩く人たちがいたりと非日常のひとときを楽しみます。

今回のセミナーでは、トスカーナ州の丘陵地にある古い村々でみられるフェスタをご紹介します。 

Introduzione:  La festa è un’opportunità per stare in compagnia, divertirsi, ridere e mangiare bene. Per noi italiani ogni occasione è buona per celebrare gli eventi storici, le occorrenze religiose o semplicemente salutare l’arrivo di una nuova stagione. Sono momenti in cui è facile fare nuovi incontri, magari intorno ad un tavolo condiviso, degustando prodotti locali e ammirando le sfilate dei carri o dei partecipanti in costumi medievali. Immergiamoci insieme in un viaggio tra le colline toscane alla scoperta dei borghi antichi e degli autentici sapori tradizionali. 

Festa_toscana

【セミナー内容】

- A Carnevale ogni scherzo vale(3) ヴィアレッジョのカーニバル。カーニバル伝統料理。モンテフィオラッレのフリッテッレ祭り

- Natale con i tuoi, Pasqua con chi vuoi (3月~4 フィレンツェのパスクワの過ごし方、花火仕掛けの山車

- San Giovanni non vuole inganni(6)   フィオレンティーノの伝統カルチョ、フィレンツェの守護聖人サンジョヴァンニの花火 

Festa Medievale di Monteriggioni  (7月)中世の祭り

- Festa dell’Uva Impruneta (8月)ブドウ祭り

Mostra dell’Olio d’oliva di Reggello(9月) オリーブオイルの祭り

diamond 最後に、スクオーラ・レオナルド・ダ・ヴィンチ語学学校についてご案内します。

   

Sanda

講師:Sanda Stevanovic 

スクオーラレオナルドダヴィンチ・ミラノ校代表

この仕事を通じて世界中の人たちと出会うことができ、また改めて「イタリア」の素晴らしさを見直す機会に恵まれ、天職だと幸せに思っています。留学はイタリア語を学びながら、いろんな人と意見交換や友達作り、異文化を知ることができる最良の方法です。

今回 初めての日本で皆さんにお会い出来る事を楽しみにしています!

clubイタリア語学校 Scuola Leonardo da Vinci
 
1977年設立のイタリア4都市(フィレンツェ・ミラノ・ローマ・シエナ)にある語学学校です。
教師陣は全員、外国人へのイタリア語教育資格を持ち、クオリティーの高いレッスンを明るい雰囲気で受講できます。
 



【開催概要】
 
日時:2019年11月11日(月)13:00~14:45
 
参加費:無料
  
場所: LCIイタリアカルチャースタジオ 吉祥寺

〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-29-5

Sandaさんと直接お話ができる機会ですので、留学に興味のあるかたに限らずイタリア語を使ってみたい方など是非どなたでも歓迎します。

参加費無料ですので、是非気軽にご予約お待ちいたしております。(定員25名様)

ご希望の方は、お名前、人数、電話番号をお知らせください。

お問い合わせ:  Eメール: info@lci-italia.com TEL:0422-24-8897

 
LCIイタリアカルチャースタジオ
2019年9月 4日 (水)

7月に開催した特別イタリア語講座【代名詞と慣用句】をアンコール開催します!

レベル問わずイタリア語学習者全ての方を対象としております。

代名詞はイタリア語検定に頻出し、試験突破に役立つ内容です。3~4級の受験対策を検討されている方に特にお勧めです。

 Nontutteleciambelleesconocolbuco1) 直接代名詞(i pronomi diretti: Mi, Ti, Lo, La, Li, Le, Ci...)
  間接代名詞(i pronomi indiretti: Mi, Ti, Gli, Le, Ci, Vi ...)
 代名詞の結合形 
    A: Hai visto le nuove scarpe di Sara? 
    B: No, non __ ho vist__
 イタリア語最初の難関(?) 、イタリア人でも間違えてしまう事もある代名詞を整理して覚えましょう。
 
2) イタリア語の慣用句(modo di dire イディオム)
 慣用句は、単語が組み合わさって特別な意味になる言葉。(例「acqua in bocca=秘密にする」という意味)
 イタリアの古い習慣や考え方に根差して定着した慣用句を知ることで、イタリア語への理解や、ご自身の表現もさらに広げられます。 基本のテキストや講座では中々まとめて習うことがないので貴重な機会です!
 
 

【開催日程】同じ内容ですのでご都合に合わせてお選び下さい。

10月11日(金)18:30~20:00

10月18日(金)16:00~17:30

10月19日(土)11:00~12:30

【参加費】 3,500円(LCIイタリア語生徒割引:2,500円)税込

【場所】 LCIイタリアカルチャースタジオ

 お申し込みはこちらへどうぞ。info@lci-italia.com 

 

Lezione speciale per preparare l'esame di italiano livello 3.

【講座内容】Che cosa impariamo?

★ Prima parte(前半)

i pronomi diretti 直接代名詞 / i pronomi indiretti 間接代名詞

★ Seconda parte(後半)

 le espressioni idiomatiche come:  慣用句表現について

 例)"Non tutte le ciambelle escono coi buchi" 

 この慣用句の文章の意味するところは?

Il significato e` che non sempre le cose vanno bene. 「全ての物事がいつも上手く同じようにいくものではない。」


LCIイタリアカルチャースタジオ

好評につきアンコール開催!

Tokyo1800x400_2

イタリア人は、日本の何に一番興味があるでしょう?また日本のお土産は何が喜ばれるでしょう?

イタリア人観光客は、日本で流行っているものに興味津々です。

たくさんの味を楽しめるキットカットやファンタ、また歌舞伎フェイスパックなど、イタリアでは手に入れないものを買って帰る人が多いです。

Agli italiani piacciono molto le mode giapponesi. Molti turisti comprano i kit-kat con tanti gusti, i vari tipi di Fanta e le maschere di bellezza con il trucco del Kabuki. In Italia non sono venduti.

Certamente durante le Olimpiadi di Tokyo del 2020 verranno tanti italiani. Voi siete pronti?

Durante il seminario delle Olimpiadi parleremo anche dei posti da consigliare ai turisti italiani, di come spiegare la cultura giapponese e delle curiosita`. Inoltre di come soccorrere un turista in difficolta`.

Vi aspettiamo!! 

Img_5804_2

2020年東京オリンピック・パラリンピックの際に大勢のイタリア人が日本を訪れるでしょう。イタリア人観光客と接する準備はできていますか?

今回のオリンピックセミナーでは、おすすめの観光名所や日本文化についてイタリア語で話せるように、みんな一緒に勉強しましょう。さらに、ケガや急病で困っている観光客を助けるための便利な表現も学びます。

~内容~ 
 
【CAPITOLO 1】応急手当について Primo soccorso
- 症状についての表現 Spiegazione dei sintomi
 
【CAPITOLO 2】観光名所案内について Luoghi da visitare
- イタリア人が興味を持つ観光名所 Luoghi interessanti per gli italiani
- 寺院の説明 Templi
- 日本人の習慣やマナーの説明 Usanze giapponesi nei luoghi sacri e negli spazi comuni
 
【CAPITOLO 3】イタリア人の関心事 Cosa chiedono spesso gli italiani
- 経験談による イタリア人のよくある質問  le domande piu` frequenti 
- その他  Curiosita` 

みなさんの参加をお待ちしております!

【開催日程】同じ内容ですのでいずれかをお選びください。

10月10日(木)14:00~15:30
10月18日(金)16:00~17:30
      

【参加費】3,500円 ( LCIイタリア語生徒割引:3,000円)税込

お申し込みはこちらへどうぞ。info@lci-italia.com


LCI イタリアカルチャースタジオ

2019年8月27日 (火)

今年5回目を迎えました『Aperitivo Musicale イタリア音楽のゆうべ 2019』!

沢山ご来場いただき、皆様とイタリアの楽しいひと時を過ごすことができました。

Grazie a tutti di essere venuti! Anche quest'anno ci siamo davvero divertiti con l'aperitivo e la musica italiana insieme a tutti!

08251_2
毎年LCIの夏のお楽しみとなったこのイベント。イタリアンカクテルとお食事を片手にアペリティーボをしながら、ギタリストCristianoさんを迎えてイタリアのポップを中心に歌の生演奏で盛り上がりました。

LCIのSara先生とVeronica先生も歌声を披露しました。

● 乾杯はイタリアンカクテル!

Nuvolone(Varnelli アニスリキュールとレモンのカクテル)、Fior Arance(ジンとブラッドオレンジのカクテル)

Sara_2

08252

Img_1589

Img_1590_2

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

Vi aspettiamo anche la prossima estate!

来年の夏も LCIのAperitivo Musicaleでお会いしましょう♪ 


LCIイタリアカルチャースタジオ

http://lci-italia.com/

吉祥寺のイタリア語教室~三鷹・荻窪・練馬・杉並にとても近いイタリア空間

2019年8月22日 (木)

イタリア留学や滞在にご興味がある皆様へ!

人気のおとなの留学”La Dolce Vita”コースの説明会を開催いたします。

スライドを使ってコースの内容や、宿泊方法などについて詳しくご案内し、体験された方のご感想もご紹介。

また、説明会では個別のご質問にもイタリア専門留学カウンセラーが直接お答えいたします。

Dolce_vita_presen_2 

【La Dolce Vitaドルチェヴィータコースとは】
 
ここ近年、リピーターの方多数、また、口コミで人気のリタイア世代向けの留学コースです。
50代以上の方を対象に、イタリア語とイタリア文化をゆったり学ぶ、おとなの為のプログラムとなっております。
フィレンツェ、ミラノ、シエナ、ローマの各都市ならではの魅力あふれる場所を訪れ、その文化に触れます。
語学レッスンでイタリア語にも親しみながら、文化を体験できるのが、通常のツアー旅行とは違うポイント。
 
春~初夏や秋のシーズンに、スクオーラレオナルドダヴィンチの各都市で開催されます! 
現在お申込み受付中。
 

club 説明会概要 club

日時 :    ① 2019年 9月15日(日) 14:00~15:00
  または ② 2019年 9月18日(水) 12:00~13:00

参加費: 無料 

会場:LCI イタリアカルチャースタジオ 

アクセス : 〒180-0003東京都武蔵野市吉祥寺南町2-29-5(半地下)

中央線・京王井の頭線「吉祥寺」駅公園口から徒歩8分

お問合わせ・お申込み:

 info@lci-italia.com 宛に、お名前とご連絡先をお送りください。


2019年8月20日 (火)

好評につきアンコール開催!

Tokyo1800x400_2

2020年東京オリンピック・パラリンピックの際に大勢のイタリア人が日本を訪れるでしょう。イタリア人観光客と接する準備はできていますか?

セミナーで、イタリア人をアテンドする際に知っておきたい内容、「イタリア人が日本のどんな所に関心があり、何を観たいのか」を理解できるよう、準備しておきましょう。

スポーツに関する言葉、東京の観光名所の説明、日本の習慣、マナーや礼儀、交通手段などについてご案内できることを目指します。 

 
~内容~ 
 
【CAPITOLO 1】スポーツに関して
-スポーツ用語 Gli sport delle olimpiadi in italiano
-イタリア人が観戦したいスポーツについて Quali sport seguono di piu` gli italiani
- イタリア人の得意とするスポーツ  In quali sport sono forti gli italiani  
 
【CAPITOLO 2】 案内方法について Come dare indicazioni ai turisti:
- 道案内 Strada
- 交通手段 Metropolitana, treni, autobus
- お勧め観光スポット Luoghi turistici da consigliare
 
【CAPITOLO 3】 食文化について
- お勧め方法 Cosa consigliare
- 日本郷土料理の説明 Spiegare a un italiano un cibo tipico giapponese
- 食事アレルギーについて Problemi alimentari/intolleranze
 
 
みなさんの参加をお待ちしております!

【日程】 同じ内容ですのでいずれかをお選びください。

11月2日(日)11:00~12:30   11月8日(金)18:00~19:30
11月15日(金)18:00~19:30   11月23日(土)11:00~12:30

       

【参加費】3,500円 ( LCIイタリア語生徒割引:3,000円) 

お申し込みはこちらへどうぞ。info@lci-italia.com


LCI イタリアカルチャースタジオ

2019年6月18日 (火)

~I Dialetti in Italia~

Img_1452_2_3

2019年6月16日に、イタリア文化セミナー&ワークショップ『イタリア語の方言について』を開催しました。

3月に開催したセミナー『現在のイタリア語が出来るまで』に続いて、イタリアの方言にフォーカスしてみました。

日本語の方言とは異なる定義が、歴史の深いイタリア語にはございます。イタリアの政治的な統一の歴史と共に言語はどのように変化を遂げたのか。また、各地で話されるイタリアの言葉に焦点を当て、方言だけでなく、ジェオシノニモなどの他のカテゴリーにおいても勉強して参りました。

前半は、イタリアの各方言はどのように始まったか、現在の標準語と言われるイタリア語が広まった背景を、文学や教育の影響を年代ごとに分かり易く説明しました。

イタリア統一と標準語の普及と共に、方言は一旦なおざりにされましたが、その後見直されるようになり、現代の音楽や小説、映画など広い分野で方言が取り入れられるようになりました。

1984年、歌手のFabrizio De Andrèによる『Creuza de mä(viottolo di mare)/海への小道』というアルバムは全曲ジェノヴァの方言で歌われています。またこのレコードは日本でも販売されたそうです。


YouTube: Fabrizio De André - Creuza de ma (Live)

LCIのSara先生が学生時代を過ごしたヴェネツィアでは、PITURA FRESKAというグループがヴェネツィアの方言で歌い、1997年、サンレモ音楽祭で披露しました。今でもヴェネツィアのBacaroバーカロ(ヴェネツィアならではの居酒屋)では、彼らの曲がよく流れています。

PAUSA(休憩)には、プラートの町で生まれた伝統ケーキ「TORTA MANTOVANA トルタ マンドヴァーナ」(手作りです)と シチリアのブラッドオレンジジュースで一休み。

セミナー後半では、方言以外のジェオシノニモは、RAGAZZO(男の子)を意味する言葉は各地で異なったりします。この地方性の豊かさを楽しめるのもイタリアならではです。

また少数派言語について。 サルデーニャ語の他にフリウリ語は消滅の危機にあり、世界遺産の他、イタリアでも言語として認められたようです。他にはラディン語もあります。

北から南までの地方ごとのイタリア語の違いについても触れ、現地で話されているイタリア語の知識を深めていただけたと思います。

方言は、文化や地域社会に結び付き、今なお活きた言葉なのです。

是非イタリアを訪れた際にはその地域の方言にも耳を傾けられると興味深い旅になるかもしれません。

☆ご参加された日伊文化交流会柴田様より感想ブログ(←クリック!) を頂戴しました☆ Grazie mille!!!

 

ご参加頂きました皆様、ありがとうございました。


LCIイタリアカルチャースタジオ

http://lci-italia.com/

吉祥寺のイタリア語教室~三鷹・荻窪・練馬・杉並にとても近いイタリア空間

2019年5月31日 (金)

実用イタリア語検定 3-4級試験で、壁となるテーマを選んで対策講座を開きます。

今回は代名詞と慣用句(イディオム)の2つを主題に絞って、勉強してみましょう。

検定に役に立ちますが、こちらのセミナーはイタリア語学習者全ての方が受講して頂けます。
 
 
代名詞の使い方は、イタリア人でも間違えてしまうこともあるもの。使いこなすコツを身に付けましょう!
 
イタリア語の慣用句 modo di direは、基本のテキストや講座などでは中々まとめて習うことがないので貴重な機会です。
 

Nontutteleciambelleesconocolbuco

【開催日程】3回ありますので、ご都合に合わせてお選び頂けます。

7月24日(水)13:00~14:30

7月27日(土)11:00~12:30

7月28日(日)13:30~15:00

Lezione speciale per preparare l'esame di italiano livello 3.

【講座内容】Che cosa impariamo?

★ Prima parte (前半)

i pronomi diretti  直接代名詞

i pronomi indiretti 間接代名詞

★ Seconda parte  (後半)

 le espressioni idiomatiche come:  慣用句表現について

 例)"Non tutte le ciambelle escono coi buchi" 

 この慣用句の文章の意味するところは?

Il significato e` che non sempre le cose vanno bene.

「全ての物事がいつも上手く同じようにいくものではない。」

【参加費】 3,500円(LCIイタリア語生徒割引:2,500円)

お申し込みはこちらへどうぞ。info@lci-italia.com 

2019年5月29日 (水)

Che cos'e` il dialetto?

イタリア語とイタリアの方言の違いは何だと思われますか。

イタリア語はどのように誕生し,現在皆さんが話されているイタリア語になったのでしょう?

6月16日(日)12時~のセミナーでお話させて頂きます。

ご存知のようにイタリア中に様々な方言が存在します。 

方言が生まれた理由のひとつには、そのエリアの方言を使う、つまり特有の同じ言葉で話すことで、同郷のグループとして共感でき、団体意識を強める役割があります。

近年になって、方言の社会的、文化的価値を見直す動きがありますが、やはり家族、友人同士では今でも方言が使用されております。

例えばヴェネツィアは特徴的で、歴史的に一つの自治体として権力を持った時代もあり、ヴェネツィア語とされる程です。音楽では"Pitura Freska"(ピトゥラ フレスカ)というグループがヴェネツィア方言で歌うことでとても有名になりました。1997年に初めてサンレモの音楽フェスティヴァルで披露されましたこの曲を聞いてみてください!↓↓↓↓↓

 
YouTube: Pitura freska - Murassi

実際、彼らだけでなく、多くの作家、詩人、映画監督が文芸作品の中で方言を尊重して、使われています。

Quale differenza c'e` tra il dialetto e l'italiano? Come e` nato l'italiano?

Sono alcuni argomenti del seminario di domenica  16 giugno dalle 12:00 alle 14:00.

In Italia ci sono tantissimi dialetti. Le persone che usano un dialetto si sentono parte di una comunita`, di un gruppo. Ultimamente i dialetti sono stati riscoperti e studiati per il loro valore sociale e culturale. Ancora tanti italiani usano il dialetto in famiglia e con gli amici. 

A Venezia il dialetto e` molto importante. C'e` un gruppo musicale i "Pitura Freska" che canta in dialetto veneziano. Per la prima volta nel 1997 hanno presentato al Festival della canzone italiana di Sanremo una canzone in dialetto veneziano. Ma non sono gli unici! Molti scrittori, poeti, registi hanno usato il dialetto nelle loro opere. 

Ecco una delle canzoni dei Pitura Freska! Buon divertimento.

日本語通訳付き、どなたでもご参加頂けます。

 【開催日程】2019年6月16日(日)12:00~14:00    

 【参加費】4500円(一般)・4000円(LCI生徒割引) (カフェ+ドルチェ付き)

【講師】Sara Franzoni  (日本語の通訳・解説あり)保存

 お申し込みはこちらへどうぞ。