2019年3月

2019年3月28日 (木)


YouTube: LCIイタリアカルチャースタジオ "avere le fette di prosciutto sugli occhi"

Ciao a tutti!   ビデオレッスンでイタリア語表現を勉強しましょう!

Oggi studiamo una nuova espressione: "avere le fette di prosciutto sugli occhi".

今日は、"avere le fette di prosciutto sugli occhi" (直訳すると、目にハムを乗せる) という表現を紹介します。

Ma cosa significa? Facciamo un esempio:

例えば、こんな会話で使います。ビデオをご覧ください!

V: Sara hai visto quanto e` bello il nuovo ragazzo di Federica?  

S: Mah... insomma... 

V: Ma come insomma! Non ti piace?

S: Non molto...

V: Ma hai le fette di prosciutto davanti agli occhi?

   "avere le fette di prosciutto sugli occhi" significa "non accorgersi di cose       
ovvie". 

 "avere le fette di prosciutto sugli occhi" は『明白であることを見えていない、または見えないふりをしている』という意味で使われます。

生ハム(Prosciutto crudo)大好きなイタリア人ですが、何と目に乗せてしまう(?!)表現があるとは、イタリア語は本当に面白いですね!

是非使ってみてください!

Ciao! Alla prossima volta!


LCIイタリアカルチャースタジオ

http://lci-italia.com/

吉祥寺のイタリア語教室~三鷹・荻窪・練馬・杉並にとても近いイタリア空間

Pubblicita_seminario_23月にLCIでは、イタリア語の誕生について、イタリアが統一に至る経緯を分かり易くお話しながら、楽しく学ぶワークショップを開催しました。

イタリアという国やイタリア語という言語の成り立ちを知ることで、よりイタリアの魅力を感じられました。

現在皆さんが話すイタリア語の原点はどこまで遡ったものなのか、100年前の言葉とはかなり違ったことが分かりました。

さて6月16日(日)のセミナーでは、現在のイタリアで話される言葉に焦点を当てたいと思います。いわゆる北から南までの異なる方言や、ある地域特有の言語を紹介いたします。

実際、クルスカ学会が認可するイタリア語(書き言葉)を、普段話している訳ではありません。

統一後のイタリア語の変遷を分かり易く、楽しく、Sara先生が解説いたします。(日本語通訳も入るので安心)

Il 17 marzo alla scuola LCI si e` tenuto il seminario sulla storia d'Italia e sulla nascita dell'italiano. E` stato molto interessante conoscere le origini del Bel Paese e della sua lingua! Ma, come sappiamo, l'italiano di oggi e` molto diverso da quello parlato 100 anni fa!


In che modo e` cambiato? Quali dialetti e quali lingue sono parlate oggi sul territorio italiano? Quali differenze ci sono tra l'italiano scritto (riconosciuto dall'Accademia della Crusca) e l'italiano parlato?
Se volete dare una risposta a tutte queste domande partecipate alla seconda parte del seminario culturale che si terra` il 16 giugno!

 club

イタリア文化セミナー『 Dialetti in Italia 』 イタリア語の方言を話してみましょう!

恒例LCIのアクティビティありの楽しい文化セミナー

Img0882


地方で話される方言はイタリア統一に向けて、一旦なおざりになりつつありましたが、今では保護する動きにあります。北から南まで起源や成り立ちが全く違う言語、方言について、ご紹介します。

【日時】 2019年6月16日(日)12:00~14:00    

【参加費】 LCIイタリア語生徒割:4,000円、一般:4,500円  カフェ+ドルチェ付き

【講師】Sara Franzoni  (日本語の通訳・解説あり)

 お申し込みはこちらへどうぞ。info@lci-italia.com

LCIイタリアカルチャースタジオ

2019年3月26日 (火)

cloverフィレンツェを訪れるのが楽しみになるお話をお届けします!clover

Duomofirenze696x464

フィレンツェといえば、街のシンボルでもあるサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(ドゥオーモ)はとても有名ですが、その壁面に隠されている伝説をご存知ですか?

Molti conoscono la Cattedrale di Santa Maria del Fiore a Firenze ma poche persone conoscono la leggenda che si nasconde tra le sue mura.

大聖堂の左側をよく見ると、縁上部分に牛の頭の彫刻が施されています。

研究者によるとドゥオーモの創設に当たり、使用された動物達へのオマージュと言われております。

Proprio nella fiancata sinistra della Cattedrale, sul cornicione, e` rappresentata una testa di bovino: secondo gli storici si tratta di una scultura pensata per omaggiare tutti gli animali  usati nella costruzione del Duomo.

Secondo un'altra leggenda la testa di toro ha pero` un altro significato.

また、他の興味深い説があり、大聖堂の建設中に...大工の一人が、大聖堂左側リカゾーリ通りを挟んで対面にあったパン屋の奥さんと不倫関係にありました。

ある日、妻の裏切りに気づいたパン屋の主人に、彼らは訴えられ、関係を辞めることを余儀なくされました。大工はパン屋に復讐するために、パン屋の家のちょうど真正面にあたるこの大聖堂の左側の場所に、牛の頭の彫刻を施したのです。

パン屋の主人は毎日窓の外を見るたび、妻の裏切りを思い出させられる事になってしまいました。

イタリアでは、不倫や浮気をする人には『牛の角(つの)=Corna』が生えると言います。

ここから、今でも浮気された人をCornutoというようになった訳です。

Vaccasulduomo

Si dice che uno dei mastri carpentieri fosse l'amante della moglie di un panettiere che abitava di fronte alla fiancata sinistra del duomo, in via Ricasoli. Il panettiere un giorno, scoperto il tradimento della moglie, denuncia i due amanti. Questi si trovano quindi costretti a interrompere il rapporto. Il carpentiere, per vendicarsi, decide di scolpire sulla fiancata sinistra della chiesa, proprio di fronte all'abitazione del panettiere, la testa del toro.  In questo modo ogni volta che il panettiere si affacciava dalla finestra era costretto a ricordarsi della sua condizione di cornuto.

Nella cultura popolare italiana si dice che a una persona tradita crescano le corna e per questo motivo viene chiamata cornuta!

フィレンツェに行かれたら不思議な「牛の頭」を探してみてくださいね。


LCIイタリアカルチャースタジオ

http://lci-italia.com/

吉祥寺のイタリア語教室~三鷹・荻窪・練馬・杉並にとても近いイタリア空間

2019年3月20日 (水)


YouTube: LCI イタリア "Avere la testa tra le nuvole"

Ciao a tutti!   ビデオレッスンでイタリア語表現を勉強しましょう!

Oggi studiamo un particolare modo di dire: "avere la testa tra le nuvole".

今日は、"avere la testa tra le nuvole" (直訳すると、雲の中に頭がある) という表現を紹介します。

Ma cosa significa? Facciamo un esempio:

例えば、こんな会話で使います。

A: Sara ciao!  

B: …

A: Sara! Ma hai sentito? Ti ho salutato!

B: Ah! Scusa! Ciao Veronica!

A: Certo che oggi hai proprio la testa tra le nuvole...

Veronicaに挨拶されても気が付かない様子のSara...

   "avere la testa tra le nuvole" significa "essere distratto". 

 "avere la testa tra le nuvole" は『ぼーっとしている、ぼんやりしている』という意味で使われます。

是非使ってみてください!

Ciao! Alla prossima volta!

LCIイタリアカルチャースタジオより 

http://lci-italia.com/  

2019年3月19日 (火)

3月17日に開催しましたイタリア文化セミナーを好評につき、再開催致します。

イタリアという国はいつ頃、どのように誕生したかご存知ですか。

世界でも最も愛されているこの国の、興味深い歴史にご興味のある方はぜひ文化セミナーにご参加ください。

Cartina_2

セミナーでは、イタリア半島を占領していたヨーロッパの大国、また、占領下から独立をもたらした革命運動など、イタリア統一前の地理的・政治的状況について、見ていきます。 


1861年に統一されたイタリアですが、まだ当時、単一の言語と単一の文化を持った国ではありませんでした。今日話されているイタリア語は、長い改革と変化の過程の後に生まれました。

それ以前のイタリアでは、人々はどんな言語を話していたでしょうか?

左側の画像を見ると、1859年から戦後までの間、政治的地理の変化がわかります。 この区分は地理的なものだけでなく、言語的なものでもありました。

3月のセミナーでは、イタリア統一の歴史とイタリア語誕生について、イタリア人講師の視点でお話し、日本語の通訳・解説付きで分かりやすく学べます。

Sai come e` nata l'Italia? E sai in che anno? 

Se vuoi conoscere la storia di uno dei Paesi piu`amati in tutto il mondo, non perdere il seminario che si terra` domenica 17 marzo dalle 12:00.

Unita_2

In questo seminario si parlera` della situazione geografica e politica dell'Italia prima dell'unificazione. Quali grandi potenze europee occupavano il territorio italiano e quali movimenti rivoluzionari hanno portato all'indipendenza. 

Ma dopo l'unificazione del 1861 l'Italia era veramente un unico territorio con un'unica lingua e cultura? In realta` la lingua italiana che oggi parliamo e` nata dopo un lungo processo di riforme e cambiamenti. Quindi che lingua parlavano effettivamente gli italiani dell'epoca? 

Se osservate l'immagine a sinistra, potete notare come sia cambiata la geografia politica dal 1859 fino al dopo guerra. Questa divisione non era solo geografica, ma anche linguistica.

Durante il seminario studieremo la nascita dell'Italia e dell'italiano.



【日時】2019年4月30日(火)16:30~18:30  

【参加費】一般:4,500円 LCIイタリア語生徒:4,000円

【講師】Veronica Serrao (日本語通訳あり)

 お申し込みはこちらへどうぞ。 または、info@lci-italia.comか0422-24-8897へ。

 LCIイタリアカルチャースタジオ

2019年3月18日 (月)

Sapete come e` nato l'italiano? 

Img_1325_trim_moment_3_2

2019年3月17日―1861年のこの日イタリア王国として統一されました。LCIでは『現在のイタリア語が出来るまで』をテーマに、イタリア文化セミナーを開催致しました。 

ローマ出身のLCIのVeronica先生が、前半、イタリア統一に至る歴史を分かり易く、楽しく紹介し、後半はどのような言葉が使われてきたかにフォーカスすることで、今皆さんが習っているイタリア語がどの時代に出来たものなのかを理解することができた内容でした。

イタリアの国歌(マメーリの賛歌)やジュゼッペ・ヴェルディのオペラなどに隠された統一支持者の当時の活動は興味深かったです。

「GIANDUIOTTO ジャンドゥイオット」チョコレートとブラッドオレンジで歓談後、後半は

イタリア語の成り立ちについて、年代を順に追って、分かり易く整理してお話しましたので、

ご参加者から、すっきりと分かり易かったとの声を多く頂き、先生も喜んでおられました。

Attivita'!!! Quizタイムも 盛り上がりましたね。


☆ご参加された日伊文化交流会柴田様より感想ブログを頂戴しました☆ Grazie mille!!!

 

Img_1326Img_1327

Grazie di essere venuti!!!! 

次回セミナーでお会いしましょう。 Vi aspettiamo!

イタリア文化セミナーの第2弾は、6月16日(日)開催予定です。

地方で使われる生きたイタリア語の方言も紹介します!標準とされるイタリア語の発展をまた、楽しく分かり易く紹介していきます!

楽しいアクティビティーあり、カフェやドルチェありの講座です。

第2弾だけのご参加でも楽しめますので、ぜひお待ちしておりますclover


LCIイタリアカルチャースタジオ

http://lci-italia.com/

吉祥寺のイタリア語教室~三鷹・荻窪・練馬・杉並にとても近いイタリア空間

2019年3月16日 (土)


YouTube: イタリア語ビデオミニレッスン “girarsi i pollici”

Ciao a tutti!     

Oggi studiamo un particolare modo di dire: "girarsi i pollici".

今日は、"girarsi i pollici"という "pollici=親指" を使った慣用表現です。

Ma cosa significa? Facciamo un esempio:

例えば、こんな会話で使います。

A.Bello girarsi i pollici mentre io lavoro!

私は働いているというのに、あなたは暇を持て余しているとは...

"girarsi i pollici" significa "stare senza fare niente". 

『状況に関係なく何もしない』という意味から、皮肉的、否定的に使用します。

Ciao! Alla prossima volta!

LCIイタリアカルチャースタジオより 

http://lci-italia.com/  

2019年3月15日 (金)

2019年3月11日、著者のロレンツォ コリーノ氏をお迎えして『ワインの本質』日本語訳オンライン発売記念のセミナーと囲む会を行いました。

今回ロレンツォ氏はLCI-Kyoko先生の友人としてお越し下さることになった素晴らしい機会に感謝です。

Img_3220

Img_3218



ロレンツォ氏に本を出版するよう勧めたアントネッラ マヌーリさんと、日本語版翻訳をご担当された川村武彦氏のご挨拶からスタート。

ロレンツォ氏の話では、ぶどう栽培を含む、全ての食料生産において自然環境を守る土壌管理の大切さや健やかな生産環境の農業を継続して行うことの大切さなど、熱い想いを語って下さいました。参加者のご質問にも熱心に説明し、教育の重要性を強く推し、皆さんと共有できた有意義な時間となりました。

Img_3215_2

Img_3272

後半はLa MaliosaのCiliegiolo、Case CoriniのAchilleとBarlaの遅積みを皆様に振る舞って下さり、近い距離での当に懇親会となりました。皆様と気さくに談笑される姿が印象的でした。

Img_3253_2

Img_3252



LCIのKyoko先生が作ったSpezzattino al vino と手焼きパンもワインに合って...

Img_1321_2

Img_3276



Img_3300_2

Img_5976_2



最後に花束の贈呈など...

少し難しいところもありますがこの『ワインの本質』を是非読んで、今一度、ワイン、食品、環境、更にイタリアの多様性、郷土性の重要について胸に留めておきたいと思った会でした。 


LCIイタリアカルチャースタジオ

http://lci-italia.com/  

2019年3月 6日 (水)


YouTube: LCI イタリアカルチャースタジオ andare a dormire con le galline

Ciao a tutti!   ビデオレッスンでイタリア語表現を勉強しましょう!

Oggi studiamo un particolare modo di dire: "andare a dormire con le galline".

今日は、"andare a dormire con le galline"という "gallina=鶏" という単語を使った慣用表現です。

Ma cosa significa? Facciamo un esempio:

例えば、こんな会話で使います。

A: Vado a dormire!  もうそろそろ寝るね!

B: Ma e` prestissimo: sono le 18:00. Vai a dormire con le galline? まだ18時だよ。こんなに早く寝るの?

"andare a dormire con le galline" significa "andare a dormire molto presto". 

『とても早い時間に寝る』という意味で使われます。

是非使ってみてください!

Ciao! Alla prossima volta!

LCIイタリアカルチャースタジオより 

http://lci-italia.com/  

2019年3月 4日 (月)

2月25日と3月3日にイタリア伝統料理とワイン講座を開催!

今回は盛り沢山の内容でお届けしました。

EXVオリーブオイルのテイスティングや、海を隔てて文化的に繋がる、リグーリア州とサルデーニャ島の郷土料理とワイン の面白さを知っていただく良い機会になったと思います。

まずは、Trofie トロフィエというリグーリアの郷土パスタを手作り。

生地は強力粉と薄力粉を合わせたものと、強力粉と栗粉を合わたもの2種類作ります。

捏ねると栗のいい香りが広がります。

1_3

2




生地を寝かせている間に、オリーブオイルのテイスティング。COI公式グラスで正式なやり方でご体験いただきました。

3種類のオリーブオイルの香り、苦み、辛みを比べました。それぞれの違いを感じます。

Img_1251

Img_1286_2




いよいよ皆さんでトロフィエ作り。生地を細長くした後、手のひら、または指先で捻じって3~4cm程度の細長い形にしていきます。

Img_1240

Img_1298




つづいて、Trofie al Pesto コンクール!!

(1)Pesto Classico Gnovese クラシコ ジェノヴァのペースト、

(2)al Pesto,Patate e Fagiolini ジャガイモといんげんのジェノベーゼ、

(3)Pesto Mandorle の3種類のペスト・ジェノベーゼを作りました。

Img_1254

Img_1272




Zuppa di ceci ひよこ豆(白と黒)のスープ 
。刻んだ野菜にひよこ豆を合わせて、塩で整えるシンプルなレシピですが、野菜の出しが効いて優しい味の南イタリアのスープです。盛り付けてからオリーブオイルをかけていただきました。

Secondoは、Cosciotti di Pollo サルデーニャの鶏ももの詰め料理。パン粉、プロシュットを刻んだもの、卵とここにも今回のテーマのオリーブオイルを少々入れて合わせます。

Img_1265_2

Img_1269




お肉の焼き上がりを待ちながら、ワインで乾杯。パスタと共に、サルデーニャの羊飼いのパン Pane Carasauを召し上がっていただきました。フライパンでほんのり焼いて、オリーブオイルとローズマリー、塩を少しかけていただきました。

Img_1305_2

Photo




今回お召し上がりいただいた、パーネカラサウはオンラインショップ イタリア食材 エルシーアイでお求めいただけます。

「こちら」をクリックするとご覧いただけます。

同じバジルを使っても、パスタとジェノベーゼペーストを組み合わせることにより、いろいろな味が楽しめますね。ご家庭でも是非お試しください。

Img_1264_2

Img_1307




皆さん、ご参加ありがとうございました。

次回の郷土料理とワイン講座のテーマは、フリウリです!


LCIイタリアカルチャースタジオ
http://lci-italia.com/