イタリア伝統料理とワイン講座PiattiItaliani Feed

2018年2月26日 (月)

Villa Tiboldi(ピエモンテ州ロエロ)のシェフ直伝料理講座~Malvira' のワインと伴に!

2月のイタリア郷土料理とワイン講座 

Img_0575

Img_0544




プリモ、セコンド、ドルチェの3品をシェフLUCAさんに教えていただきながら皆さんで一緒に作りました。

また今回は、各一品にそれぞれワイン(泡、白、赤、ドルチェ(貴腐)ワイン)を合わせて頂く、とても贅沢な内容でした。

Img_0492_2

LCIに以前ワインセミナーでもお越しになったMalvira'ロベルトさんのワインは非常に好評で、今回の講座では特別販売分は、なんと完売!

【シェフのプロフィール】

シェフ LUCA CUTTICA ルーカ・クッティカ
1991 年生まれ 出身:ピエモンテ州ニッツア・モンフェッラート
Agliano Terme ホテル学校を経て、Mondovi ホテル学校卒業
主な職歴
Ristorante Enoteca di Canelli / ピエモンテ、カネッリ で 2 年
La Sosta Restaurant / ロンドン で 6 ヶ月
Westin “Dragonara Resort” / マルタで2ヶ月
Aldemar Royal Mare / ギリシアで 8 ヶ月 Show Cooking に従事
Sauze d’Oulx Relais a Chateaux “Il Capricono” / サウゼ・ドルクスで 8 ヶ月
Ristorante Madernassa / ピエモンテ、グアレーネで 2 年 (** ミシュラン 2 星)
Ristorante All’Enoteca dello chef Davide Palluda /ピエモンテ・カナーレで 2 年
(**ミシュラン 2 星)
そして、2017 年7月より Villa Tiboldi の総料理長に就任、現在に至る。
彼の料理ポリシーは、厳選されたピエモンテの素材で、ピエモンテ料理のレシピを
再発見しながら、自分ならではの感性、ひらめきと経験により表現する。

今回のMENUwine

乾杯のスプマンテ:Malvira' Rive Gauche , Arneis


【Primo】 Taiarin con ragù di verdure  タヤリン野菜のラグーソース 

      合わせるワイン: Roero Arneis

Img_0518

Img_0512
 
 
 



Img_0532

Img_0543



【Secondo】Costine di agnello al Roero  ラムチョップのロエロ風 
 
             合わせるワイン:Roero Rosso
 

Img_0557

Img_0564

 
 



Img_0566

Img_0569




【Dolce】Torta di nocciole con crema allo zabaione  
     ピエモンテ産ヘーゼルナッツのタルト、ザヴァイオーネクリーム添え
 
      合わせるワイン: vino Renesium

Img_0491

Img_0574



Img_0549

Img_0570



本当に素晴らしいLucaさんのお料理に皆さん大満足でした。

Lucaさんは笑顔で熱心にひとつひとつの行程について説明しくださいましたので、分かりやすかったですね。 LucaさんChiaraさんご夫妻の飾らない明るい人柄に、皆さんすぐに打ち解けて後半はワインと共に楽しい会となりました。

-

3月はオリーブオイルテイスティングの講座を、浜田山ダ・カゼッタのランチと共に開催します!

また4月にも、イタリア人ゲストと共に料理講座を予定しております。

LCIイタリアカルチャースタジオ

2018年1月 4日 (木)

12月 LCIのイタリア料理講座ではサルデーニャ州の伝統料理とワインをご紹介しました。

TEMA: サルデーニャ島の郷土料理とワイン

サルデーニャ島はペコリーノ(羊のチーズ)が有名ですが、FLORIS家族が造るオーガニックpecorinoを召し上がったことはございますか。

サルデーニャ出身で食材をインポートなさっているGianlucaさんと一緒に郷土料理を作りました!

MENU:

Primo:  手打ちパスタ   Tallutzas ricamdas con sugo di Agnello


Img_03541
Img_04141



 



Sugo di agnello

子羊のソース

================

Img_03801Img_03651

============



Primo: サルデーニャ名産カラスミで頂く郷土パスタ『フレグラ』  Fregula alla bottarga 

Img_03941Img_04041

============================



Dolce: 『サパ』のタルト  Torta di Sapa

Img_03831Img_04231

==============================



Grazie Gianluca!



Grazie a tutti di essere venuti! 

Img_03961Img_03581

2018年1月 1日 (月)

 7月 特別講座 イタリア郷土料理とワイン~サルデーニャ 

 ディナー&ワイン&オリーブオイル 

『サルデーニャ島』をテーマにDa Casetta の佐藤シェフが腕を揮います。

ワインはインポーターの説明あり。AbbinamentoはLCI-Kyoko Matsuyamaがご案内します。

 【日程】7月26日(木)19:00~21:00  

【場所】 ダ・カゼッタ(浜田山)

【会費】IVS会員:8,000円 ビジター(非会員):10,000円 

 IVSJapan主催ですが、初参加頂ける方はLCIより会員価格でご招待いたします!

 16席のみですのでお早めに!

 サルデーニャ料理とワインをご堪能ください。

  Pomodoroお申込み、お問合せはこちら  または info@lci-italia.comへどうぞ♪


wineこれまでのレッスンwine  こちらをクリック!

3月:オリーブオイルランチ講座

ランチ&セミナー 浜田山のレストランDa Casetta(ダ カゼッタ)にて開催! 

!!オリーブオイル1本プレゼント!!

こちらもテイスティング頂けます! 
★サルデーニャ産レンティスコのオイル
★オリーブの葉っぱのリキュール
 【今回のテーマ】各お料理に合わせるオリーブオイルのバリエーションを知る

Oliveoil_seminario_9

 ♦オリーブオイルセミナー 講師 松山恭子

 オリーブオイルをよくお使いになる方、使ってみたい方へ。

 エキストラヴァージンオリーブオイルについて、

 ぜひ知って頂きたい情報をご案内します。

オリーブオイルの正しいテイスティング方法、お店での選び方

オリーブオイル単一品種の魅力、地中海ダイエット(健康)とオリーブオイル、お料理との合わせ方など

  厳選したイタリアのオリーブオイルのご紹介、特別販売などなど

budbud budbud  budbud bud budbud  bud   bud   budbud   budbud

【佐藤シェフ オリーブオイルに合わせる特別メニュー】

 今回の会場はリグーリア州で修業された佐藤シェフの『Da Casetta』。ご出身である青森県の新鮮な食材を使った、こだわりの魚料理や野菜料理が評判の名店です。

 オリーブオイルセミナーの為に特別なメニューをご用意いただきます。

Menu: 

Antipasto: Assaggi di verdure リグーリアより前菜盛り合わせ   

Antipasto: carpaccio con l'olio di lentisco  レンティスコオイルで頂くカルパッチョ
 
Primo: Vellutata di Zucchini  ズッキーニのヴェルッタータ
 
Primo: Tortelloni di zucca e barbabietola  リグーリア春のラビオリ
 
Secondo: pollo alla sanremese   郷土料理:鶏肉のサンレメーゼ
 
Dolce: Semifreddo con sorpresa   お楽しみのセミフレッド

Image_dacasetta_2


【日時】2018年3月25日(日)12:00~14:00

【場所】Da Casetta (ダ カゼッタ)
    杉並区浜田山3-23-6 、京王井の頭線「浜田山駅」より徒歩2分

【参加費】 1回 6,000円( オリーブオイル1本プレゼント、ランチ付き)

     ※LCIイタリア語コースの生徒割引:5,500円  


2月 LA CUCINA PIEMONTESE  ピエモンテ州郷土料理とワイン講座 

Villa Tiboldi(ピエモンテ州ロエロ)のシェフ直伝料理講座

~Malvira' ロベルトさんのワインと一緒に!

Luca_cuttica


プリモ、セコンド、ドルチェの3品をシェフLUCAさんより教えて頂きます。

また、各お料理に各ワインを合わせて頂く贅沢な内容でございます。

メニューは追ってお知らせいたします!

当日セレクトワインの特別販売もございます。

【日時】2月24日(土)17:00-20:00

【参加費】 1回 6,000円( 入会金なし 材料費全て込み。)

LCIイタリア語コースの生徒割引:5,500円  

10名様限定ですのでご予約お早目にどうぞ。

 Pomodoroお申込み、お問合せはこちら  または info@lci-italia.comへどうぞ♪



【シェフのプロフィール】

シェフ LUCA CUTTICA ルーカ・クッティカ
1991 年生まれ 出身:ピエモンテ州ニッツア・モンフェッラート
Agliano Terme ホテル学校を経て、Mondovi ホテル学校卒業
主な職歴
Ristorante Enoteca di Canelli / ピエモンテ、カネッリ で 2 年
La Sosta Restaurant / ロンドン で 6 ヶ月
Westin “Dragonara Resort” / マルタで2ヶ月
Aldemar Royal Mare / ギリシアで 8 ヶ月 Show Cooking に従事
Sauze d’Oulx Relais a Chateaux “Il Capricono” / サウゼ・ドルクスで 8 ヶ月
Ristorante Madernassa / ピエモンテ、グアレーネで 2 年 (** ミシュラン 2 星)
Ristorante All’Enoteca dello chef Davide Palluda /ピエモンテ・カナーレで 2 年
(**ミシュラン 2 星)
そして、2017 年7月より Villa Tiboldi の総料理長に就任、現在に至る。
彼の料理ポリシーは、厳選されたピエモンテの素材で、ピエモンテ料理のレシピを
再発見しながら、自分ならではの感性、ひらめきと経験により表現する。

Roberto

Villatiboldi_2




  

  

2017年8月13日 (日)

8月 LCIのイタリア料理講座ではマルケ州の伝統料理とワインをご紹介しました。

Marche_2

 



Antipasto: オリーヴェ アスコラーネ Olive ascolane

Dsc08362_4

Dsc08354



Img_3892Img_3889




Primo:  手打ちパスタ:パンから作る伝統パスタ?   ピンチネッレ Pincinelle

Dsc08367

Dsc08356



Dsc08358



Secondo: ブロデット 漁師のスープ  Brodetto marchigiano 

Img_3888

Dsc08363



Img_3884Img_3886



試食タイム・歓談の様子の一部をご紹介

Dsc08375Dsc08360



Img_3897_2Dsc08373





I Vini 

Img_3899_2



GRAZIE a tutti!

Img_3895_4

6月 LCIのイタリア料理講座ではヴェネト州の伝統料理とワインをご紹介しました。

Veneto_3

--------------------------------------------------------------------------------------- --------













Antipasto: イワシの前菜 サルデ イン サオール  Sarde in saor

Antipasto_3








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







Primo:  手打ちパスタ:ニョッキのぺヴェラーダ Gnocchi con "peverada"

Gnocchi_2

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー










Dolce: ヴェネツィアの伝統ビスコッティ2種 Bussolai & Pinza

Biscotti_2

Pinza2_3
















~ 今月のワイン ~

Dsc08353













試食タイム・歓談の様子の一部をご紹介

Grazie a tutti!!!

Dsc08349_2

2017年5月30日 (火)

ACETO BALSAMICO バルサミコDOP 特別講座  

5月 LCIのイタリア料理講座ではモデナ発祥のバルサミコDOPを使ったお料理のレシピを皆さんで作ってみました。受講後 日常での使い方のバリエーションが拡がったでしょうか。

Modena_3



Antipasto: バルサミコに合わせる前菜いろいろ  Antipasti con l’aceto balsamico

Image2_1

Dsc08325



Primo:  手打ちパスタ:カボチャのカッペッラッチ (農家さんが被る麦わら帽子のイメージの形のパスタ)

少し大き目なので、中にしっかり具材を詰められます。カボチャ等の野菜から、ミンチ野挽き肉も良く合います。

Cappellacci alla zucca con salsa all'aceto balsamico

Dsc08313

Dsc08320



Dolce: ジェラート Gelato con l’aceto balsamico

Dsc08346

Dsc08347



試食タイム・歓談の様子の一部をご紹介

 

Dsc08326

Dsc08343

Image1_2_4

Dsc08340_2

Dsc08335Img_3781_2Dsc08323_2



Grazie a tutti!!!

2017年4月27日 (木)

4月 LCIのイタリア料理講座ではピエモンテ州のチーズを特集して開催致しました。

Formaggi    

 

    



Dsc08303_2

Lezione di Formaggi con gli assaggi

ピエモンテ州のDOPで珍しいものをご紹介。

Castelmagno, Raschera, Robiola, Toma d'Alpeggio, Ubriaco. 




Castelmagno_2

1. Castelmagno

 カステルマーニョ: 

フランスとの国境の山に位置する場所で、Alpeggioという1600m以上の牧草地で過ごす牛のミルクで作られるチーズは、絶滅寸前だったところ、村興しと共に若い生産者が作り始めている。

作業行程が長いカステルマーニョは、出来上がると水分の少ない崩れやすい軽やかな触感に濃厚な牛乳の味わいが凝縮されている。熟すとよりドルチェワインと併せたくなるほど、風味は強い。



Raschera

2. Raschera

ラスケーラ:

ワインの産地ロエロやブラの西側に広がって作られていて、この辺りではロエロ・ロッソに合わせて頂いたり、リゾットにして日常頂くチーズです。

ラバに乗せてその昔運んだ事より形は伝統的に四角。 とても優しい口当たりの良いチーズ。

ラスケーラはワインの産地ロエロやブラの西側に広がって作られていて、この辺りではロエロ・ロッソに合わせて頂いたり、リゾットにして日常頂くチーズです。

ラバに乗せてその昔運んだ事より形は伝統的に四角。 とても優しい口当たりの良いチーズ。



Robiola

3. Robiola

ロビオーラ:

  50%以上が山羊のミルクを使用。熟成する共に赤みを帯びてくることから、ルビーを語源とする名前が付けられている。 

若いときから白い溶けてしまいそうなクリーム状で、時間が経つとより柔らかくなっていきます。 山羊、羊、牛が混ざる事も多いことから風味は優しいながら複雑である。

若いときから白い溶けてしまいそうなクリーム状で、時間が経つとより柔らかくなっていきます。 山羊、羊、牛が混ざる事も多いことから風味は優しいながら複雑である。

Toma

4. Toma d'Alpeggio

トーマ ダルペッジョ:

 トーマは一般的にこの辺りでチーズを意味する。

やはりアルペッジョと指定されている場合は、1000m以上の高地の牧草を食べて育つ牛から搾ったミルクで作れられる。

 よって限定された生産となる。 

よって高級でもあり、味わいに深みがある。

このままネッビオーロと頂きたい。

よって高級でもあり、味わいに深みがある。このままネッビオーロと頂きたい。

Ubriacone

5. Ubriaco

ウブリアーコ:

これは酔っ払いという意味のイタリア語の名前が付いている。

ワインを造る時に残るブドウの搾りかすをチーズの表面に浸けて、そのまま熟成させる。

そうすると、ワインの風味をしっかり吸収してくれ、強い香りと風味に仕上がるのです。

つまり、ワインにチーズが酔っ払った!という訳です。

これはピエモンテに限らず使用されるひとつの製法です。


PRIMO :  ラスケラとへ―ゼルナッツのリゾット Risotto alla Raschera e nocciole

Dsc08299_2Dsc08310_2



ラスケーラチーズを削ってたっぷり入れて作ったリゾットは塩を入れなくても

チーズの塩分と旨味で濃厚な味わいに仕上がります。



CONTORNO: Robiola のフリッタータ Frittata di Robiola    

Dsc08306_2

 山羊のミルクの臭みが余り感じられない為、卵との相性も良く、

プロシュットなども入れた贅沢なオムレツです。



試食タイム・歓談の様子の一部をご紹介



Dsc08309

Dsc08301Dsc08304

 



Grazie a tutti!!!

2017年2月18日 (土)

2月 LCIのイタリア料理講座ではトレンティーノ州の伝統料理とワインをご紹介しました。

Trentino



Antipasto: CROSTINI DI POLENTA ポレンタのクロスティー二

Img_3580_2

Img_3581

ポレンタというのは北イタリアでよく見られるとうもろこしの粉から作った食材です。

ポレンタの使い方はさまざま。

今回は型にとって、生ハム、茸、チーズ各種をのせて、クロスティーニに仕上げました。

 



Primo : STRANGOLAPRETI  手作りパスタ① 『ストランゴラプレティ』

Img_3593_2

Img_3577

★★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



Primo :  CANEDERLI 手作りパスタ② 『カネーデルリ』

Img_3591

Img_3595

カネーデルリの主な材料は硬くなったパンです。Cucina Poveraといって食材を捨てることなく考案されたレシピですが、とても美味しい田舎の優しい味わいで、冬にぴったりす。

 

そーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

=========================================

~ 今月のワイン ~

【Lagrein DOC 2015/ラグレイン】 生産者コルテレンツィオ(アルトアディジェ)

品種:ラグレイン 

紫がかったガーネット色。スミレ、黒い実の果実、チョコレート、ハーブのような香り。ストラクチャーのあるタンニン、品種に由来する酸がある。森の果実のアロマ、チェリーのような余韻とエレガントで他に類を見ないほどの華やかなブーケ。

熟成可能年数:2~3年 

料理:アルトアディジェ料理との相性が最適。スペック、サラミ、ローストした肉料理、ジビエ

サービス温度:16℃

 畑:砂を多く含んだ氷堆石・沖積土土壌

 醸造:ステンレスタンクで皮とともに8日間発酵後、マロラクティック発酵を行う。ステンレスタンクとセメントタンクで数ヶ月熟成。

Vini_2こちらの11種類のワインは夜のテイスティング会で飲み比べたもので、泡、白、北~南部に渡る赤ワインと特徴が楽しめました!



試食タイム・歓談の様子の一部をご紹介

Grazie a tutti!!!

Img_3588

Img_3600

 

Img_3605

Pi_gruppo_4

2016年12月 5日 (月)

11月 LCIのイタリア料理講座ではウンブリア州の伝統料理とワインをご紹介しました。

Image2

海に全く面しない中心部にあるウンブリア州。緑のハート Cuore del verdeと呼ばれるほど自然、土壌が豊かである。

秋はトリュフも有名ですが、オリーブオイル、きのこ類、そしてワインが重要ですね。

今年起こった地震ではノルチャという町が崩壊してしまいましたが、マルケ州との州境に位置し、

レンズマメと、プロシュットが特産物として有名です。復興が本当に心配です。



Primo : 秋の茸ソースで頂くストロッツァプレティ STROZZAPRETI AI FUNGHI

Dsc07715

Dsc07710

皆さんで手打ちストロッツァプレティにチャレンジしました。最初は皆さん難しいと言っていたのですが、最後には上手になって、茸たっぷりのソースで頂きました。



Secondo: ペルージャ風インボルティーニ INVOLTINI ALLA PERUGINA

Dsc07708

 湖や川は有りますが、やはり内陸だけに、お肉料理が中心です。 サルシッチャを使ってお肉で巻いたインヴォルティーニ。豪華なレシピで、クリスマスパーティに活用できます。



Dolce: ワイン風味のチャンベッラ  CIAMBELLE AL VINO

Dolce

ドーナツ型のクッキー、といってもバター使用せず、

オリーブオイルとワインがたっぷりのサクサク触感で、

ついつい手が伸びてしまいます。



~ 今月のワイン ~

Vino: ウンブリア州 Montefalco Rosso

Dsc07716ウンブリアの土着品種サグランティーノを15%に抑え、

サンジョベーゼとブレンドしたモンテファルコロッソ。

直ぐにテーブルワインとして、お食事と合わせられる

手頃で香り、味わい豊かなお勧めの1本です。 



試食タイム・歓談の様子の一部をご紹介

Grazie a tutti!!!

Dsc07687_2

Dsc07706

Dsc07711

Dsc07717

Dsc07713

2016年12月 3日 (土)

 ピエモンテ州のロエロにあるワイン生産者マルヴィラは、ブドウ畑の丘の上に素晴らしいくリストランテとホテルがあり、とても人気のスポットです。

このリストランテで働く宮下さんが今回ピエモンテ料理を作ってくれます。

ゴルゴンゾーラのニョッキは皆さんと一緒に作りますよ。

更に各お料理にマルヴィラのワインを合わせて召し上がって頂きます。

Image_4

【日程】12月21日(水)11:00~14:00  (15名様限定)

【参加費】スペシャル料金4000円(12/16迄にお支払済みの方に限る) 通常料金5000円

 どなたでもご参加頂けます。

 召し上がって頂くワインの特別販売もございます!

Villa_2

Image



MENU`wine(予定)

Antipasto: アペリティーボと一緒に前菜いろいろ(チポッラリピエナ、ブルスケッタ、フリッタータ)

     CIPOLLA RIPENA, BRUSCHETTA, FRITTATA 

Primo : ゴルゴンゾーラのニョッキ(料理レッスン付き) GNOCCHI AL GORGONZOLA

Secondo:子羊のロースト CARRE` DI AGNELLO ARROSTO 

VINO: Malvira`のワインも各種合わせて召し上がって頂きます。

お申込みはこちら  または info@lci-italia.comへどうぞ♪

Piatti_2※写真はイメージ

Ristorante

Cantina_2

Villa Tiboldi-Ristorante-Cantina     

Cuoco_3

宮下さん(左)とロベルトさん(右)

協賛㈱パシフィック洋行

お申込みはこちら  または info@lci-italia.comへどうぞ♪