2022年6月30日 (木)

レシピ:サルデーニャの伝統菓子『パルドゥラス Pardulas』

 
郷土料理レシピ ご紹介!
Dolce (ドルチェ):Pardulas『パルドゥラス

パスクワ(復活祭)の伝統的なドルチェです。 サルデーニャ北部では【casadinas】【le pardulas de arrescottu】は、formagelle di ricotta(リコッタの容器)という意味ですので、容器を象っているのでしょう。 

Par

材料(10個分) Ingredienti 

【生地 Sfoglia】
セモリナ粉  80g Semola
薄力粉    40g  Farina 00 per dolci
バター    10g  Burro ※本来はStrutto ラードを使用
卵白    1個分   Albume
水     20g  Acqua  ※卵白と合わせて60g
塩    ひとつまみ  Sale

【詰め物 Ripieno】
リコッタチーズ  250g Ricotta
砂糖       50g  Zucchero
卵黄        1個分  Tuorli
サフラン      少々  Zafferano
オレンジの皮 1/2個分  Scorza di arancia
レモンの皮 1/2個分  Scorza di limone
薄力粉      30g  Farina 00
ベーキングパウダー 2g  Lievito per dolci
塩      少々  Sale

【仕上げ】 
卵黄 1個分と牛乳 少々

粉砂糖 Zucchero a velo

手順   Preparazione

①【詰め物 Ripieno】リコッタ、砂糖、卵黄、サフラン、オレンジとレモンの皮、塩、薄力粉、ベーキングパウダーを混ぜ合わせます。

② 冷蔵庫で①を20分ほど冷やしておきます。

③【生地 Sfoglia】小麦粉、バター、塩、卵白で混ぜ始め、常温水を少しづつ加えながら生地をこねていきます。
 生地が滑らかで適度の硬さがあるように(柔らかすぎないように注意)こねます。

④ラップをして10分ほど寝かせます。

⑤生地を麵棒(マッタレッロ)で厚さ1mmに伸ばします。直径8-10cmのディスク状に型を抜きます。

⑥真ん中にリコッタのRipieno(詰め物)を乗せます。縁を8つ外に突き出した星形(かご、太陽とも言います)にします。

⑦卵黄にミルクを少し混ぜたものを表面に塗ります。

⑧予熱したオーブン150℃で30分ほど焼きます。

⑨冷ましてから、粉砂糖をふって飾り付けて召し上がれ。

BUONAPETITO!  


Kyoko Matsuyama

LCI イタリアカルチャースタジオ 

イタリア料理ブログ
イタリア料理講座情報

オンラインショップ:イタリア食材エルシーアイ
サルデーニャ島のオリーブオイル、ペコリーノチーズ、サルデーニャ島のパンなど珍しいものがございます!

【BLOGでのレシピ配信】⇒クリック

【YOUTUBEのレシピ配信】は https://qr.paps.jp/d4UY
または こちらのQRコードからどうぞ。Lciyoutubeqr_3