2022年6月30日 (木)

レシピ:サルデーニャの手打ちパスタ『ロリギッタス Lolighittas』

サルデーニャには本当に沢山の種類のパスタがあります。 

郷土料理レシピ ご紹介!
Primo (プリモ/パスタ):
Lolighittas『ロリギッタス〜アスパラガスと豆ソース

ロリギッタスはオリスターノ県の小さな村モルゴンジョーリ Morgongioriの郷土パスタです。
Ognissanti(諸聖人の祭り 11月1日)で頂く伝統があります。 “lorigas” は “anelli di ferro“(鉄の輪)という意味からイヤリングを指します。
この辺りの若い女性たちは捻じったリングを耳飾りにして、ロリギッタスのパスタをよく作っていました。パスタを乾燥させるのに『Su Caisteddu』という籠を使用していたそうです。 

Lo

材料(30個分) Ingredienti 

【生地 Impasto】   
・セモリナ粉 100g  Semola
・塩    ひとつまみ Sale
・水    40〜50ml   Acqua

【ソース Salsa 】
・アスパラガス  6本  Asparagi
・グリーンピース 60g Piselli
・ニンニク     1片 Aglio
・セージ     4〜5枚 Slavia
・EXVオリーブオイル  適量  Olio EXV d'OLiva
・塩コショウ    適量   Sale e pepe
・パスタ茹で汁   適量

手順   Preparazione

【生地 Impasto】
①ボールにセモリナ粉を入れ、真ん中に塩、水を少しづつ加えながら混ぜていきます。

②生地が均質に滑らかになるまで15分ほど捏ねます。

③ラップをして10分程寝かせます。

④少しづつ取り出し、細い棒状に伸ばします。長さの目安は20㎝。

5

⑤3本の指の周りを2回まわし、残った部分は切り離し、重なった部分を留めます。

⑥片方の手で閉じた部分を持ち、もう片方の手の指でねじりを加えていきます。
4_2

⑦徐々にロリギッタスの形になりましたら、クロスの上などで乾燥させます。

⑧たっぷりの沸騰したお湯に塩をして、5分ほど茹でます。


【ソース Salsa】
①アスパラガスは、一口大の輪切りにし、熱湯に30秒通した後、冷水につけ冷まします。

②グリーンピースは、1分ほど熱湯に通し、冷水につけ冷まします。

③フライパンにオリーブオイル、ニンニクを潰して加え、野菜を加えて、塩コショウします。

④モルタイオ(すり鉢)でセージ、オリーブオイル、粗塩を入れて、すり潰します。

⑤フライパンにアルデンテに茹でたロリギッタス、パスタの茹で汁、セージのペーストも加えてしっかり絡めて出来上がり!

7



BUONAPETITO!  


Kyoko Matsuyama

LCI イタリアカルチャースタジオ 

イタリア料理ブログ
イタリア料理講座情報

オンラインショップ:イタリア食材エルシーアイ
サルデーニャ島のオリーブオイル、ペコリーノチーズ、サルデーニャ島のパンなど珍しいものがございます!

【BLOGでのレシピ配信】⇒クリック

【YOUTUBEのレシピ配信】は https://qr.paps.jp/d4UY
または こちらのQRコードからどうぞ。Lciyoutubeqr_3