イタリア語 x 学ぶ
イタリア x カルチャー
検索ボックス
LCIのLINE@
lineat_only

友だち追加数

« Carosello イタリア広告について 第2弾セミナー開催します | メイン | Emilia Romagnaワークショップ開催しました! »

2018年4月12日 (木)

ブルーノムナーリ大回顧展~事前セミナー開催!

 イタリア文化特別講座『ブルーノ・ムナーリ』

Photo_3



【日程】 ① 5月20日(日) 13:00~14:30

    ② 5月23日(水) 11:00~12 : 30 

【参加費】 2500円(LCI生徒割引)  3000円(一般)    

【会場】LCI イタリアカルチャースタジオ 

 お申込みはこちらへどうぞ。 Eメール:info@lci-italia.com

LCIでは彼の人生、未来派時代の作品、晩年の絵本原画などについて勉強会を行います。 この講座を受けてから展覧会に行くとより理解が深まります。お子様をお持ちの方からイタリアに興味がある方まで、どなたでもご参加頂けます。 講師は Letizia Guarini, Sara Franzoni ( 通訳があり、分かり易く楽しく解説致します。)

Photo_5

【ブルーノ ムナーリについて】

 ブルーノムナーリは(1907年10月24日生)生誕110周年を迎え、多才なイタリアのアーティストで、絵画、彫刻、デザイン、またMAC(ムナーリの機械に見られる無駄な具象の創造性を追求する動き)の創立者の一人でもあり、いろんな分野で活躍されました。

ムナーリは視覚、触覚を通して創造性を高めることを重要と考え、同時に言葉や、物、おもちゃでコミュニケーションすることを提唱しました。 初期は未来派(フトゥリズモ)に近い存在であったが、徐々に形、色、物独自の外観などを研究する内に離れていきます。 1933年から寓意性を具体化した『無駄な機械』シリーズが始まり、知覚の可能性を探る実験的なモデルとして登場し、ムナーリを視覚アートの先駆者と言わしめたのである。 

 今でもムナーリは多様な技術を操るアーティストとして有名であり、直観的なすきをつくような光の物体やスタイルを考案する能力のある稀れ存在である。

続きはこちら

Ben centodieci anni sono trascorsi dalla nascita di Bruno Munari (24 ottobre 1907), l’artista italiano che espresse il suo genio in molteplici ambiti, dalla pittura alla scultura e al design, e che rientra tra i fondatori del Movimento Arte Concreta (Mac).

Munari si dedico’ all’indagine costruttiva della forma attraverso sperimentazioni visive e tattili e, insieme, la sua grande capacità di comunicarla attraverso parole, oggetti, giocattoli. Inizialmente vicino al futurismo, se ne allontanò poi gradualmente dedicando la sua ricerca all'approfondimento di forme e colori e all'autonomia estetica degli oggetti. Tra le realizzazioni più emblematiche le «macchine inutili» (dal 1933), congegni meccanici presentati come modelli sperimentali che indagano sulle possibilità percettive, che fecero di Munari un precursore dell'optical art.

Ancora oggi Munari è l’esempio di una personalità artistica sinceramente poli-tecnica, capace di ripensare una figura o un oggetto alla luce di una intuizione innovativa che resta spiazzante.