イタリア語 x 学ぶ
イタリア x カルチャー
検索ボックス
LCIのLINE@
lineat_only

友だち追加数

« ブルーノムナーリ生誕110周年 イタリア文化セミナー | メイン | スクオーラレオナルドダヴィンチ留学説明会+交流会を行いました! »

2018年4月13日 (金)

イタリア未来派ーこども教育 多才なアーティスト『ブルーノムナーリ』

【ブルーノ ムナーリについて】 その2 続編~

ムナーリと教育 MUNARI E LA DIDATTICA PEDAGOGICA

Photo_9Photo_10




 社会におけるアートの役割について、人々はアート作品をどう受け入れるのかを教育的な観点で具体的に文章化しました。

目的は柔軟な頭で考えられる、クリエイティブ性の高い未来の人間を育てる為であり、

その反対に昔からの典型的な芸術の教育は観賞を主とし、子供たちの参加を限定するものであった。

ムナーリの言葉:「人生ずっと、自身の中に子供の部分を保つことが大事である。つまり、知りたいという興味、理解する喜び、伝えたい意思。今日の子供たちは明日の大人、ステレオタイプから解放させてあげようではないか、全ての感覚を豊かにしてあげようではないか、クリエイティブな子供こそより幸福である。」

おもちゃや子供の本- 『猫のメオ』、『ダネーゼのプレリブリ』、文字のない、紙質の異なる読めない本、穴の開いた本、透明なページ、触覚、視覚的に書いた童話、ABC, 操縦室のベッドなどなど、文字通りムナーリの学校を創り上げた、そして世界中の多くの教室で活用されている。

È dalla riflessione sul ruolo dell’arte nella società e su come il pubblico recepisce l’opera d’arte, che si basa l’interesse di Munari per la didattica dell’arte, che si concretizzerà in opere scritte e laboratori didattici. 

L’obiettivo era quello di formare una futura classe di uomini con la mente elastica e pronta ad aprirsi alla creatività, al contrario di ciò che favorivano i metodi classici di insegnamento delle discipline artistiche, basati unicamente sull’osservazione e sulla partecipazione limitata dei bambini. Munari afferma:

続きはこちら

Brunomunariinstudio_2

ブルーノ ムナーリについて知りたい方は是非セミナーでお待ちしております。

【日程】 2回共に同じ内容です。

    ① 5月20日(日) 13:00~14:30

    ② 5月23日(水) 11:00~12 : 30 

【参加費】 2500円(LCI生徒割引)  3000円(一般)    

【会場】LCI イタリアカルチャースタジオ 

 お申込みはこちらへどうぞ。 Eメール:info@lci-italia.com

 “Conservare l’infanzia dentro di sé per tutta la vita, vuol dire conservare la curiosità di conoscere, il piacere di capire, la voglia di comunicare ” “I bambini di oggi sono gli adulti di domani/ aiutiamoli a crescere liberi da stereotipi/ aiutiamoli a sviluppare tutti i sensi/ aiutiamoli a diventare più sensibili/ un bambino creativo è un bambino più felice.”

Con i giochi e libri per bambini – il Gatto Meo in gommapiuma, i Prelibri di Danese, i Libri illeggibili di fogli variopinti e senza testo, i libri con i buchi, le pagine trasparenti, tattili, componibili, le fiabe riscritte visivamente, i libri oggetto, l’Alfabetiere, il letto Abitacolo e le molte altre invenzioni che hanno letteralmente fatto scuola – Munari è entrato nelle camerette e nelle aule di molti paesi del mondo.