イタリア語 x 学ぶ
イタリア x カルチャー
検索ボックス
LCIのLINE@
lineat_only

友だち追加数

« 2010年5月 | メイン | 2010年8月 »

2010年6月

2010年6月27日 (日)

FESTA DI FRANCIACORTA フランチャコルタ フェスティバル

FOTO1 今年イタリアの夏がようやく訪れたころ、リグーリア海(Mar Tirreno)に沿ったVIAREGGIOのビーチ側に建つVERSILIAヴェルシリアというヴィラで、厳かにイタリアのスプマンテ(スパークリングワインまたはシャンパン-厳密にはフランスのシャンパーニュ地方で作られたものだけをシャンパンと呼ぶ)の 最高峰FRANCIACORTAのFESTAフェスティバルが開催されました。

 

 

 

FOTO2

 

 

FRANCIACORTAの20社以上の生産者が参加し、各生産者のテーブルで試飲、説明を聞けるとても貴重で、ゴージャスな機会でしたshine




 

Berlucchi61FranciacortaSaten 中でもご紹介したいのは、『Berlucchi ベルルッキ』
1961年創立。Guido Berlucchi氏とFranco Ziliani氏の努力により、イタリアで初めてシャンパン方式で作るスプマンテを確立したのです。
現在はFratelli Berlucchiという新世代の会社Aziendaも作り、それぞれ老舗として君臨しています。 なかでも2010年6月に『Franciacorta Sate’n Palazzo Lana 2004』は ‘Miglior vino spumante’というイタリア最高のスプマンテと評価され、受賞をしています。

Franciacorta フランチャコルタのエリアで作られるスプマンテは『FRANCIA CORTA』という独自のカテゴリーになっており、彼ら生産者の前でシャンパン、スプマンテなどと呼ぶ事はタブーだそうです。 皆さん、Franciacortaと呼びましょう。(^ ^)/

ここで、余談ですが、FRANCIACORTAという名前は“curtes franca 免税の土地’’に由来し、その昔中世の頃、イゼオ湖近くの丘にベネディクト会の 修道院集団があり、税金が免除されていた。 その後、交通網が発達し、商業が栄えると彼らは 農民に栽培方法 などを伝授し発展していった。 その後、交通網が発達し、商業が栄えると彼らは農民に栽培方法などを伝授し発展していった。


FOTO3 続いて、MonteRossa モンテロッサ『Ca’del Boscoカデルボスコ』は、イタリアの人々にも有名で人気のある生産者ですが、こちらの『Ferghettinaフェルゲッティーナ』 をご紹介したいと思います。今回紹介されていた3種類 BRUT (Senza Annata)、 BRUT(2005)、 SATEN(2006)共に Chardonnay シャルドネがほとんどでしたが、比較的優しい清涼感で、食前酒に口当たりの良い辛口感が人の生産者でした。

 

 

 

FOTO6

 

FOTO7

野外では Franciacortaを思う存分頂く事ができ、チーズやサラミ、サーモンなどをお伴に、爽やかな風を受けながら、テラスでのんびり過ごせましたwine

FOTO4

サラミはサンダニエレ・トスカーナ・パルマと3種類並んで、それぞれ特徴があって、とても美味しく頂きましたrestaurant

 

 




 

FOTO5 AIS (Assosciazione Italiana Sommerier) イタリアワイン協会の方々が紳士なサービスをされていらっしゃいました。また、この衣装、タストバンを付けた正式なソムリエの格好を見る事ができました。

 

 

 

 

CONCORSO1 CONCORSO2 VINCITORICE

  

  

  

  

  

 

トスカーナのAISソムリエコンクールが実施されました。 午前中に選抜された3人が出場者で、 とても緊張した雰囲気と彼らの知識の豊富さに当然とはいえ、圧巻の想いで見学致しました。
優勝者はこちらの女性で、感極まって泣いて喜んでいらっしゃいましたshine
今回指揮をとられたのは、LUCCA支部代表のLeonardo Taddei氏。とても和やかに楽しく進行されていて、素晴らしい会でありました。

2010年6月20日 (日)

イタリアから美味しい食材をお届する、生産者の人達をホームページ上にご紹介します。

日頃からご注文いただいております、皆様へより私どもの良質な食材を、少しでも身近に感じていただければと思います。

今回、ご紹介しましたのは、下記4社になります。

↓ 詳しくはこちらのHPをご覧下さい ↓

http://italia.ocnk.net/diary

【 ステファノさんのカラスミ 】

1986年からイタリアサルデーニャのカリアリ地区にて、カラスミ作りに専念しているステファノさんのカラスミ。当時に比べ会社の規模は大きくなりましたが、14年前と変わらない精神で生産し続けています。

なんとイタリアの料理界・レストランなど飲食業界において、

威厳ある情報誌『GAMBERO ROSSO』ガンベロロッソ(20095月発行)

イタリアのカラスミランキング !!第2位!! となりました。

 

【 サントゥ ジュアンネのパン 】

サルデーニャ地方の伝統的なパンであるパーネ・カラザウを作っている、

パン工房『サントゥ ジュアンネ』は リタ・サンナによって2004年創業しました。

この工房の主人はサルデーニャの特徴的・伝統的なパンの製造方法に忠実に従っており、家庭でのパン作りから一企業へと発展させました。木製窯で焼かれた素朴且つ、美味しいパン、パーネ・カラザウを是非お試し下さい!

 

【 フェルッチョ・ポッダ社のチーズ 】

伝統と自然の融合させた製法に、更に最先端の技術を融合させ、サルデーニャ州の伝統的な乳製品製法に仕立て上げました。

1952年創立である『フェルッチョ・ポッダ』社。創業者であるフェルッチョ・ポッダ氏は創立当初から製法の改善に人生を掛けてきました。そして『フェルッチョ・ポッダ社』はこれをサルデーニャ州の伝統的な乳製法に仕立て上げました。

サルデーニャの名産と言えばペコリーノサルドチーズ(羊乳のチーズ)ですがそこへ、新鮮な牛乳をミックスさせたものが、当社とオリジナル商品である

クラッシコ ミスト です。

羊乳と牛乳を合わせることで、両方の良いところが引出され、そしてバランスの良い味に仕上がっています。ここでしか味わえないクラッシコ ミストは試してみる価値ありです!!

 

【 ACCADEMIA OLEARIAのオリーブオイル 】

フォイス家の貴重なオリーブに対する長年の経験と確固たる熱意によって、唯一ここでしか生産できない独特のオリーブオイルを造りあげる事に成功しました。

サルデーニャ(アルゲロ地区)特有の栽培方法である、「サボナ栽培」によって作られた、エクストラバージンオリーブオイル“BELLOLIO”強い香りと、新鮮な果実のような味、そしてバランスの良い苦みを感じさせる繊細なものに仕上がっております。

イタリアンレストランのシェフにも好評をいただいている一品となっております!

ご家庭でも簡単にイタリアンレストランの味がお試しいただけます!