イタリア語 x 学ぶ
イタリア x カルチャー
検索ボックス
LCIのLINE@
lineat_only

友だち追加数

« 2月レポート オリーブオイルティスティングランチ講習会 | メイン | オリーブオイルを造り手に学ぶ講習会 »

2017年3月14日 (火)

第2部~イタリア南部のルネサンス~IL Rinascimento di Sud Italia

イタリア文化特別講座 
『南イタリアにおけるルネサンスについて』
  6月18日(日)12:00~14:00 開催

  講師:  Arianna Lo Giudice (通訳あり)

  参加費:4000円(LCIイタリア語生徒割引)一般4500円 

  定員:各20名 先着順

  会場:LCI   イタリアカルチャースタジオPart1

  お申し込みはこちらへどうぞ。   info@lci-italia.com


この特別講座では、余り知られていないイタリア南部におけるルネンサンスについてシチリア出身の講師よりご紹介致します。

こちらに導入編としまして、少しご紹介しますので、ご一読ください。

 

Rinascimento3_2

【エピソード1】

シピオーネ ボルゲーゼご存知でしょうか。ルネッサンス時代後に活躍したとても重要な枢機卿です。その理由はキリスト教徒としてではなく、当時の芸術絵画にとても熱くパトロンとして重要な存在だったからです。 
シピオーネ ボルゲーゼの貢献により今日ローマにある数々の名作が所蔵されるボルゲーゼ美術館が建てられました。
このように数多くの有名な作品をいったいどのようにして入手していったのでしょうか。
講座でご説明します。
 

Conoscete Scipione Borghese?

E’ stato il personaggio piu’ popolare dello stato della Chiesa nel periodo del post-Rinascimento. 

Era famoso non per la sua vocazione religiosa, ma per la sua passione maniacale per l’arte contemporanea.

Grazie a lui e alla sua passione per l arte oggi la Galleria Borghese a Roma contiene meravigliose opere dei migliori artisti del Rinascimento italiano.

Ma come ha fatto Scipione Borghese a ottenere queste opere?

Scopriamolo insieme!


 

Rinascimento2_2

【エピソード 2】

ルネサンス時代における南イタリアでは、イタリア北部のように貴族など権力家が点在していたのではなく、一連の王家が統治しておりました。この講座ではまず、ルネサンス時代を把握する為に順を追って王朝の流れをご紹介します。

(1) Stato Pontificio 教皇領時代

(2) Regno di Napoli ナポリ王国時代

(3) Regno di Sicilia シチリア王国時代

教皇領(バチカン)は現在のラツィオ州をより広い管轄でシチリアにも及んで統括していました。1309年から1377年において、アヴィニョンに移り、多くのフランスの司教からフランス人の教皇を要望されていました。イタリアとフランスの教会間の意見の相違から、ANTIPAPAと呼ばれる対立教皇がうまれたのです。ある時期において2つの地区に分割され其々イタリア人教皇またはフランス人教皇によって管理されていました。が 

ルネサンス時代の前の状況を少しお話しますと、それはフェデリコⅡの時代です。

シュヴァーベン大公であったFederico II(1198ー1250)は、領土の北ヨ-ロッパは他の者に統括させ、彼自身は南イタリアを拠点としていました。

FedericoIIの後Manfredi王が継承しましたが、税金を上げるなど民衆の不満を買い、教皇はシチリアの土地に関心があった為、民衆側に付いてシュヴァーベン対アンジュ―シチリアの戦争が勃発しました。

教皇はアンジュ―(Angioini)家(フランス人)のカルロ1世を王として選び、長年に渡って南イタリアを、シュヴァーベン家(ドイツ人)と共に支配していました。

 コスタンツァとピエトロ(アラゴン家)はシチリアの君主となり、アンジュ―家はシチリアから追放され、カンパーニャ州に移りました。(ヌオーヴォ城に居住)

Dal 1309-1377 lo Stato fu trasferito a Avignone. Molti vescovi francesi desideravano avere un Papa francese. L`ecclesia italiana e quella francese non andavano d`accordo. Per questo motivo nacque la figura dell`ANTIPAPA, cioe` un papa eletto al di fuori del conclave. Per un periodo quindi ci furono due papa: uno italiano, eletto normalmente, e uno francese.

In questo periodo il potere della chiesa era diviso in due parti. L`attuale Europa era quindi controllata dal papa o dall` antipapa.

Per capire cosa succedeva e` necessario inziare dal periodo prima del rinascimento, cioe` da Federico II.

Il re FedericoII, di dinastia Sveva. Lui delego`ad altri i territori del Nord Europa per dedicarsi al sud Italia.(sacro romano impero germanico)

Dopo Federico, pero` subentra Manfredi. Il popolo e` scontento per l`aumento delle tasse. Il papa iInnocenzo, che ha interessi a controllare la Sicilia , appoggia il popolo nella rivolta contro il re. Guerra Svevi VS Angioini

Carlo d`Angio` (fratello del re di Francia Luigi IX) viene scelto dal papa per combattere contro Manfredi.

La dinastia degli Angio`(Francesi) domino` nel Sud Italia per molti anni insieme agli eredi degli Svevi.

Infatti, siccome gli Avevi non avevano piu` eredi maschi, fecero sposare la figlia Costanza con Pietro III di Aragona.

Costanza e Pietro diventarono i monarchi della Sicilia e gli Angioini persero il controllo della Sicilia spostandosi in Campania (Il Maschio Angioino , detto anche Castel Nuovo, era la loro residenza).

  book book book book book book

お申し込みはこちらへどうぞ。   info@lci-italia.com

 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。