イタリア語 x 学ぶ
イタリア x カルチャー
検索ボックス
LCIのLINE@
lineat_only

友だち追加数

« イタリア伝統料理とワイン講座 2014年プログラム | メイン | aperitivo 16gen »

2015年1月11日 (日)

イタリア食材紹介~サルデーニャ産オリーブオイル フルッタート~

昨年の悪天候続きでオリーブの生産はイタリアも難航したようですが、場所によっては少量しか取れていないようで、オリーブオイルの値段は急騰することが予想されます。

Olio_fruttato

サルデーニャ州の北西部にある自然豊かな地中海に面するアルゲーロも少し被害を被りつつも、オリーブオイルの生産は上手くいったそうです。

土着品種ボザーナのオリーブオイルはしっかりとした青みのあるフレッシュな香り、更に苦みと最後にピリッと辛みがある良質3拍子が揃った仕上がりです。


産地:イタリア サルデーニャ州 アルゲロ
品種:ボザーナ
質:上質
色:黄金に輝く深い緑
香り:オリーブの純粋な香り
味:アーティチョークを思わせるような新鮮な野菜果実味に、バランスの良い辛みと苦みを感じさせる繊細な味わい。

お食事との合わせ方:さっぱりしたパスタソースには、オリーブの旨みが際立ち、しっかりしたパスタには上手に馴染む引き立て役となります。その他、鶏肉のささみのグリルにもお勧めです。

250ml 販売価格: 1,700円 (税別) 
500ml 販売価格: 2,650円 (税別) 

<オリーブオイル・アカデミア社について>
accademiaolearia
フォイス家の貴重なオリーブに対する長年の経験と確固たる熱意によって、サルデーニャの上質なオリーブオイルを造りあげる事に成功しました。

アルゲロの気候により作られるボサナ品種オリーブは、フォイス家4世代に亘って、自社栽培を行っているが、現在も自社栽培を行う企業は非常に少ない。これは品質を保持する大きな理由のひとつである。

収穫は11月頃から始まり、1月末まで続きます。何よりも重要なのは収穫12時間以内に搾油所に運ばれることで、鮮度と美味しさを保っている。 
熱による負担を掛けない為の最新の機械開発により、オリーブの実を適切に処理する事を可能にした。適温15度の中、丁寧に優しく抽出した高品質オリーブオイルです。

是非、こちらからご購入頂けます。http://italia.ocnk.net/

また、ショップが吉祥寺にオープン:東京都武蔵野市吉祥寺南町2-29-5 LCIイタリアカルチャースタジオN.1    http://lci-italia.com/map.html

 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。