イタリア語 x 学ぶ
イタリア x カルチャー
検索ボックス
LCIのLINE@
lineat_only

友だち追加数

« 2014年9月 | メイン | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月26日 (日)

イタリア郷土料理とワイン講座 手打ちパスタ編

10月の料理講座はパスタ3種のピアットを作りました!ご参加下さった皆様有難うございました。

Cucina1_5Cucina3_3


 






Insalata di pasta (イタリア3色カラフルパスタサラダ)

パスタのひと皿目はさっぱりと頂けるInsalata di Pasta(パスタのサラダ)

ファルファッレ(蝶々)のパスタはバリッラが考案した形だそうで、パルマ辺りのパスタと申しましょう。よって、卵、小麦粉はセモリナ粉に薄力粉を少し混ぜて作ります。

今回はFarfalle tricolore、イタリア国旗3色に色付けしましたので、とても鮮やかです。

ツナ、オリーブ、サルデーニャ産の濃縮ドライトマトと一緒に頂きます。! 

Image_2

他のアレンジとして、ナスとたまねぎを炒めて、松の実を和えたソースもお勧めです。

Farfalle3colori_2

赤色はビーツから。

緑色はほうれん草から。

 


Orecchiette alla salsiccia e funghi ( サルシッチャとキノコで頂くオレキエッテ)

オレキエッテは プーリア州の伝統的なパスタで、小さな耳という意味です。なぜならば...この形を見て頂けるとおわかりでしょう。

伝統的には菜の花のソースで頂くことが多いですが、今回は秋らしくサルシッチャと沢山のきのこに少しペペロンチーノも効かせたソースで頂きます。

 

Blog_3

Cucina4



Gnocchi alla romana (ローマ風ニョッキ(かぼちゃ入り) )

ローマ風のニョッキはポテトは使用しません。セモリナ粉(Semolino)を牛乳、バター、卵、パルミジャーノを混ぜて作る簡単シンプルで素朴な優しいお味のパスタ料理です。

生地を少し冷ますとニョッキの形に型を取り、パルミジャーノチーズを惜しげもなく振り掛けて、20分~25分200度のオーブンで焼いて出来あがり。

Blog4

Gnocchi_romana1Cucina8_4




当イタリア料理講座の夜の会はワイン会と兼ねておりまして、皆さんワインを持ち寄ってくださって、いろんなワインをお料理に合わせて楽しむことができました。

Cucina7

Ferrariのスプマンテで乾杯した後、

お料理の郷土に合わせたラツィオ州、プーリア州のワインもあれば、トスカーナのトレビアーノやヴェネト州のアマローネまで。



Salute! E buon appetito!


Cucina6Cucina5

2014年10月19日 (日)

Lonzino di fico

Marche州、Anconaの近くにある小さな町Serra de` contiにはCooperativa La Bona Usanza(ラ・ボーナ・ウサンツァ組合)があり、そこで作られているスローフードがあります。それはLonzino di Ficoと呼ばれる食材です。この組合の目的はMarche州で伝統的に栄養価の高い主食として摂取してきた豆類、穀物の栽培を維持することです。

 

Lonzino_di_fico_1

Lonzino di fico(ロンツィーノ・ディ・フィコ)はMarche州の伝統的な過程そのまま作られており、乾燥されて、細かく切られているイチジクとクルミ、アーモンド、アニス種、ラム酒もしくはモスとの生地にされ、サラミのように形でイチジクの葉に巻いてあります。

Fichi3

子供はおやつとして食べていて、Marche州の祭りの終わりに食べられていました。

Lonzino di ficoを切ると、アニスとイチジクの風味が感じられています。そのまま、ドルチェとしても、熟成チーズと共に前菜としてもいただけます。

 

生産者は

MIV Cioccolaterie

Via Merloni, 20

60010 Ostra (Ancona)

ご希望の方はこちらへお問い合わせください。

2014年10月14日 (火)

イタリアのクリスマスケーキ~LOISONのパネットーネのご予約受付ます。

 

Loison_2

日本でも最近はパン屋さんで見かけるようになりましたが、ロイゾンのパネットーネを召しあがったことはございますか。 小麦粉、イースト、ドライフルーツなどの各素材にこだわった彼のパネットーネはイタリアでも有名です。 

LIEVITO MADRE自然酵母を使用してゆっくり発酵させた生地は、消化しやすく、胃もたれすることなく、ひと口、ふた口と進んでしまいます。現地ではクリスマスはもちろん、朝食にも頂きます。
また、ロイゾンの美しいパッケージも大きな特徴のひとつで、ギフトにお勧めです。 




☆☆☆LCI予約販売のご案内☆☆☆

全て3,000円 (税別)

Classico_2

Prosecco

Mandarino

Amarena


 


)パネットーネ クラッシコ    伝統スタイルで広く親しまれている味わい。

B) パネットーネ プロセッコ   スパークリングワインで使用する白ブドウが入ってます。

C) パネットーネ アマレーナ     ブラックチェリーはほのかな甘さが人気です。

D)パネットーネ マンダリーノ  シチリアのオレンジが入ってます。

商品は12月9日以降に受取り可能です。 お申込締切は11月30日(日曜日) 

ロイゾン パネットーネのプロモーションビデオ↓

Ecco come nasce il Panettone Loison!
YouTube: Ecco come nasce il Panettone Loison!

 

2014年10月12日 (日)

ウーディネ伝説の肉職人 スローフード~PESTAT

1_2

北イタリアのFriuli Venezia Giulia州UDINEにFagagnaという小さな町がある。Fagagnaは農業や畜産業が盛んで、今日までサラミやハムの作る技術を得意として発展してきた。

よって、生ハムで有名なサンダニエレ(San Daniele)はこのエリアです。この町でも豚肉で作る生ハムやサルシッチャは伝統として引き継がれている。

中でもスローフードに指定されたPestatは、作れる人も少なくなった現代において、Sig. Lizziが継承している。Pestatはラード、各種野菜を混ぜて作られる。冬が長いウーディネではスープや肉料理に風味を添える、保存食であり、調理に欠かせないものである。

Pestatの伝統を継承する肉屋のMauro Lizziさんを紹介しよう。

Pestat5

彼の店にはあらゆる種類のハム、サラミが並ぶ。豚だけでなく、牛や鶏、羊などのさまざまな部位を利用した図である。

Pestat

Pestatは豚を屠殺する時期に作られる。Fagagnaで育てられる豚の餌も完全にナチュラルなものを使用するので、品質の良いラードができ、栄養価の高いPestatを作る事が出来る。

ラードを挽いてから細かく刻んだニンジン、セロリ、玉ねぎを加え、そしてセージ、ローズマリー、にんにく、更にパセリも加える。食材を混ぜて、塩と黒コショウをしてから良く混ぜる。生地はソセージのように腸詰めにし、適正温度で涼しい場所で貯蔵される。

風味が完全に浸透するまで最低一年はかかる。 

Blog_ristorante_3

このお店に併設するレストランは雰囲気がエレガントなだけでなく、サービスも一流である。なぜかというと、お客様の好みに合わせて、メニューは構成され、それに合わせたワインがグラスから頂けます。

Piatti_blog

最高級のお肉を堪能されたい方にはFagagnaまで行っても価値があります。お値段は親しみ易いのも魅力的です。

Salumi_blog

彼の持つ技術は他にも2種類の部位を切れ目が分からないように繋いでサラミやハムにする事ができる。彼は近くの料理学校やホテルで料理コースを開いております。

【インターンシップ募集!】

こんな彼の元で修業されたい方は是非ご連絡ください。彼はこの技術を継承したいと素直に考えていらっしゃる人間的にも素晴らしい方です。

Tenuta Il Palazzo オリーブオイル、ワイン生産者、アグリツーリズモ

トスカーナ州、アレッツォ駅から車で10分程の所に “Tenuta Il Palazzo”というワイナリーがあります。“Il Palazzo”はローマ時代からローマとリミニを結ぶVia Livia(リヴィア通り)に沿ってあり、元々は“Palazzo”という言葉は通りの「駅」を意味しました。

その理由で1971年からBanelli家が経営を始めた時に“Il Palazzo”を農園の名前にしました。

Blog_1


標高の300~380mのところに畑があり、育てられているぶどうはSangiovese (サンジョヴェーゼ)をはじめ、Merlot(メルロー)、Syrah(シラー)、Trebbiano(トレビアーノ)、Malvasia (マルヴァジア)とCanaiolo(カナイオーロ)となります。DOCGのChianti(キャンティ)も作っております。

Blog2


“Tenuta Il Palazzo”はオリーブオイルもトスカーナ州の伝統を継承し、ビオ栽培をを基本とし、6000本が所有しています。

Blog4


トスカーナ州の土着品種を育てており、フラントイオ、レッチーノ、モライオーロ、ペンドリーノとございます。その中でも主流はフラントイオ。オリーブの収穫は手積みで行われています。 24時間以内に搾油場へ運び、オリーブオイルを抽出致します。

2014年8月にテイスティングした際に、まだまだ辛み、苦みがしっかりとあり、ポリフェノールの多さに驚きました。香りも青々しいフレッシュさが感じられ、フレッシュアーモンドがしっかりと後からも香ります。

Blog3


”Il Palazzo"はワイナリーだけではなく、Agriturismo(アグリツーリズモ)としても営業されており、Arezzoの歴史ある町とArezzoの田園風景に溶け込みながら、”Il Palazzo"のワインを片手に、このオリーブオイルを使ったトスカーナ料理に舌鼓を打つことでしょう。

Blog5


例えばRomantic Weekendコース。 260€

お二人様で2泊滞在。ロマンチックな天蓋ベッド、暖炉のあるお部屋。

朝食はお部屋で頂きます。夕食は 歴史地区、あの映画『la vita e bella』の舞台にもなったCENTRO STORICOにある、トスカーナ伝統のレストランでお料理をご堪能ください。

その他、一泊朝食付き お一人様 50 €~ お二人様 90€~

Ristorante_blog_2

2014年10月 1日 (水)

pasta fresca

 10月のテーマは手打ちパスタいろいろ】

 『PASTA FRESCA』

1Alla romana Farfalle 2 Insalata di farfalle写真はイメージ) 

restaurantOrecchiette salsiccia&funghi   サルシッチャとキノコで頂くオレキエッテ 

restaurantGnocchi alla romana ローマ風ニョッキ(かぼちゃ入り) 

restaurantInsalata di Farfalle tricolore  イタリア3色カラフルパスタサラダ

wine イタリアセレクトワイン、カフェと一緒に。

 一緒に手打ちパスタをいろいろ作りましょう! お持ち帰りもありますよ 

≪開催予定日≫ 

 (A) 10/16(木)19:00~21:30       (B) 10/17(金)10:00-13:00 

 (C) 10/19(日)11:00-14:00         (D) 10/20(月)10:00-13:00

会費6000円(イタリア語生徒割引5500円)回数券あり。

お早めにお申込み下さいませ。

EMAIL: info@lci-italia.com


 
Cucina2_3Cucina1_2