イタリア語 x 学ぶ
イタリア x カルチャー
検索ボックス
LCIのLINE@
lineat_only

友だち追加数

« ロイゾンのパネットーネご予約販売開始のご案内 | メイン | イタリアワインソムリエコース 過去の受講者の皆様・・・ »

2017年10月29日 (日)

イタリアワイン専科ソムリエコース Q&A

wineFISとは ?

FISはFondazione Italiana Sommelier. 「イタリアワインソムリエ財団 」

HP:https://www.bibenda.it/

イタリアワイン雑誌で有名なBibendaを発行しており、更に、毎年イタリア中のカンティーナを周り、評価したワインガイド本Grappoli(ブドウ房)の数で評価を表す)を発行していることでよく知られています。

オリジナルはAIS ローマであり、イタリアワインソムリエのテイスティングメソッドはAISに基づいておりますが、FISは精鋭なるメンバーを集め、世界に向けて発信する体制を整えスタート致しました。

                                             


wineWSAとは?

WSA はWorldwide Sommelier Association。代表はpresidente Franco M. Ricci.

つまり、FISというイタリアワインソムリエ財団の海外向けのワインソムリエ教育機関です。

イタリアワインソムリエコース


wine日本で開催が始まったのは?

日本では、2013年~東京やイタリアでミーティング、デモンストレーションを重ねて、2015年にようやくIVS JAPAN(一般社団法人日本イタリアワインソムリエ)と提携したことで、2016年2月より開講致しました。

イタリアワインソムリエコース

イタリアワインソムリエコース


wine日本におけるWSAのコース内容は?

イタリアワインの特徴を系統立てて学べる!

豊富なワインテインスティング!

お料理との合わせ方についても実践的に学べる!

イタリアのFISでは52レッスンを約2年掛けて開催しておりますが、こちらは日本市場に適した内容にプログラムされております。

イタリアワインの特性だけに特化しているという点は他には見られません。

下記内容を省略しております。

フランス、スペイン他世界のワインやビール、ウィスキーなど他アルコール類、ソムリエのサービス、ワインセラーでの取り扱い、レストランのワインセラーでの管理方法、醸造の基本について

よって、日本や他でソムリエを勉強された方にもイタリアだけを重点的に学べるので重複なくとても有効的です。

イタリアワインソムリエコース


wine他のソムリエ協会のコースと異なりますか。

通常ソムリエコースでは世界のワインを学びますので、どうしてもイタリアワインの比率は小さく、なかなか系統だって学べないことが多いといえます。

メソッドはAISが原点ですので、本来52レッスンのコースであり、その中にはソムリエとして必要な全ての知識が含まれます。しかし、当コースではイタリアワインだけに集中させ、特化しております点が異なります。

イタリアワインソムリエコース


wineイタリアワインは系統だっていない為、難しいですか。

どうしても難しい印象のあるイタリアワインですが、今回のコースではイタリアワインに集中させることで、州毎に順に見ていきながら、系統立てて理解できる内容となっております。

またテイスティングの実践が豊富ですので、より実感し易い仕組みです。

イタリアワインソムリエコース

イタリアワインソムリエコース


wineどんな資格が取得できますか。

基礎コース1、2両コースを修了され、最終試験に合格された方には

WSAイタリアワインソムリエの資格タストヴァンTastevinが授与されます。

イタリア政府認可 WSA WorldWide Sommelier Association 会長Franco Maria Ricci直筆の証明書が授与されます。

イタリアワインソムリエコース


wine マスターコースではどんな資格が取得できますか。

 マスターコースは毎年テーマを変えて、基礎で学んで頂いたイタリアワインについて、更に知識やスキルを深めて頂くコース内容です。

マスターコースには特に試験を設けておりませんので、資格は特にありませんが、WSA修了証を差し上げます。

イタリアワインソムリエコース


wineコース受講後のブラッシュアップはどうすればよいですか。

イタリアワイン専科ソムリエコース基礎を受講された方には、IVS JAPAN(日本イタリアワインソムリエ)その年度分の会員証を差し上げます。

IVS JAPANでは毎月テーマを変えてワイン会が開催されております。インポーターや担当よりワインについてご紹介されますので知識を深めて頂けます。またお料理とのマリアージュの勉強にもなります。

マスターコースでは、品種や土壌、歴史背景などといった観点から更に掘り下げていきます。ワインテイスティングも行いますので、更なるレベルアップになります。

イタリアワインソムリエコース


wine 費用について、他社のコースと比較してリーズナブルですが、なぜですか。

IVS JAPAN(一般社団法人日本イタリアワインソムリエ)主催のため、インポーターの協力も得られ、また、イタリアのFISにも協力頂くことで、かなりリーズナブルな費用設定が実現しております。

IVS JAPANの活動目的はイタリアワインを普及することであります。他では80万~費用がかかるコースが一般的ですが、リーズナブルな設定により多くの方にイタリアワインを身近に感じ、楽しく嗜んで頂ける機会を提供したいと考えております。

多くのソムリエを職業とされる方やワインの販売、輸入に携わる方に、イタリアワインを分かり易くお客様に伝えて頂ける手段として、このコースを是非ご利用ください。

イタリアワインソムリエコース


wine受講者は少人数ですか。

定員12名としておりますので、講師や通訳とも親しみ易く、質問もし易い環境です。また、毎日会いますから、時間と共に受講者の方々も仲良くなり、コメントを共有したりしていらっしゃいます。

イタリアワインソムリエコース


wine講師はどんな方ですか?

  イタリアはローマ在住のご夫妻です。

  名前はProf.Avv.Giuliano LemmeとProf.Avv. Antonella Anselmo             

   ローマを本拠地とするFISFondazione Italiana Sommelier)よりWSA認定シニア講師であり、また、毎年ガイド本に掲載する各生産者のワインを評価する役割も担っております。

  弁護士の資格を持ち、ウンブリアの大学で経済学の教鞭を執る教授でもあります。 

 


wineどんな方が受講されてますか。

 ソムリエを職業とされる方、ワイン販売、輸入に携わる方、イタリアワイン愛好家、

 イタリアワインをよく飲みますが、余り知識がない為、勉強してみたい方。

 他の協会でソムリエの資格を取ったが、イタリアワインについては浅かった為、強化されたい方。

 東京だけでなく、北は北海道から、南は熊本まで参加されております。

イタリアワインソムリエコース


もとに戻る


wine wine wine

Copyright(c) All right reserved. 2014  Lingua x Cultura Italiana - LCI

Ivs_4

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。