イタリア語 x 学ぶ
イタリア x カルチャー
検索ボックス
LCIのLINE@
lineat_only

友だち追加数

« イタリア各地のお料理講座  X オリーブオイルセミナーコラボ企画!を開催しました | メイン | 12月イタリアの興味深い話:Presepe »

2012年11月27日 (火)

イタリアワインセミナー Malvira'を迎えて

IMGP0226

~イタリアワインセミナー&ワークショップ~

『ピエモンテ州 ロエロ マルヴィラ よりRoberto氏をお迎えして、白2種、赤2種を堪能致しました。wine

11月24日(土曜日) 13:00~15:00

今回はアッシュトレーディングさんのご協力でワインの即売会も実施。ロエロアルネイス SAGLIETTO 2009が大人気、続いて、ロエロのネッビオーロ RISERVA 2005 も!


 

 

 

テイステイング頂いたのはこちらの4種類です。

Bric arneisBRIC: アルネイス60-70%、シャルドネ20-25%、ファボリータという3品種のブレンド

ラベルが特徴的でアメリカ用ラベルのContra indicazione(妊娠している方、未成年者の飲酒は禁じられています、など)に対して INDICAZIONE ワインを飲む為に必要なことを表しており、 友情、愛、陽気、喜び、ワインに対する敬意など、確かに美味しいワインを頂くためのスパイスとして重要ですね。

ROERO ARNEIS SAGLIETTO 2009:

ロエロの代表的土着品種アルネイスは口当たり、後味共にワインに余り親しまれていない方にも好んで頂けるワインと思います。特にこのサリエット畑で作られたこのワインは構造がしっかりとしており、余韻が長い為、お食事にも併せて頂けます。その理由のひとつに 半分はステンレスタンクで、半分はフレンチオーク樽(450L)で熟成させていることが挙げられます。現在欠品中で、来年に入荷だそうです。

 

 
Riserva e s.guglielmo次に赤ワインは
 LANGHE ROSSO S.GUGLIELMO 2004:
バルベーラ 70%、ネッビオーロ25%、ボナルダ ピエモンテーゼの3種類の品種のブレンドです。
18-24カ月のフレンチオーク樽(450L)で寝かしたワインは2004年という事もあり、バルベーラの酸味は控えめで、樽の香りも強くないので、お食事もチーズからお肉ソースのパスタ、更に羊などに合います。まだ力強い若さが感じられ、程良いタンニンがあるのはネッビオーロ、ボナルダの特徴が出ているのでしょう 。
aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa
aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa
roero arneis roero arneis roero arenis
9
ROERO RISERVA TRINITA` 2005; ロエロのネッビオーロ100% Malvira'の特徴でもあり、樽を利かせ過ぎない為、エレガントな仕上がりです。まだまだ若さを感じる為、後10年でも寝かせられます。
TRINITA'の畑は彼の一番大きな畑でカンティーナもある中心部だそうです。時間を掛けて、牛肉のほほ肉煮込みや スペッツァティ―ノ良く合います。















今回ワインのお共に頂いたのは
ゴルゴンゾーラとアカシアハチミツ
ペコリーノとバルサミコ
ポテトのオレガノ風味
スペツツァティーノ。
malvira
malvira
malvira
malvira
malvira
5
10
aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaGrazie Grazie mille per essere venuti ,Sig.ra Akiko & Sig. Roberto!
 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/666567/32858589

イタリアワインセミナー Malvira'を迎えてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。