イタリア語 x 学ぶ
イタリア x カルチャー
検索ボックス
LCIのLINE@
lineat_only

友だち追加数

« 2010年12月 | メイン | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月27日 (木)

レオナルド・ダ・ヴィンチイタリア語学学校 News Letter 1月号

NEWS LETTER Scuola Leonardo da Vinci   di versione in Giapponese

Firenze 

NL Fi

   

  

  

  

  

 Il Crocifisso di Michelangelo è tornato in Santo Spirito

Il Crocifisso di Santo Spirito, opera giovanile di Michelangelo Buonarroti, è tornato a casa dopo quasi un anno di assenza. Dopo due 'trasferte', a Torino e Napoli, l’opera è di nuovo esposta nella basilica, al centro della chiesa.

Il Crocifisso ligneo è stato scolpito da Michelangelo come ringraziamento nei confronti del convento di Santo Spirito che lo ospita nel 1492.

NL Fi2

Per secoli l'opera resta anonima e dimenticata fino a quando la studiosa Magrit Lisner la scopre nel refettorio del convento, nel 1962. L'attribuzione michelangiolesca all'epoca suscita un vivace dibattito culturale e dopo un primo restauro, nel '64, il Cristo viene esposto prima a Roma e poi nella fiorentina Casa Buonarroti, dove rimane per più di 15 anni. Dopo un secondo restauro, curato del servizio musei del Comune, il Cristo nel dicembre del 2000 torna in Santo Spirito, nella Cappella Barbadori della sacrestia di Giuliano da Sangallo.

 

 

【フィレンツェ】 

ケランジェロ作 十字架のキリストが サントスピリト教会に帰ってきました。 

ミケランジェロ ブオナロッティの若き頃の作品、サントスピリトの十字架のキリストは約1年を経て帰って来ました。その間、トリノとナポリへの2度の‘引っ越し’を伴い、今再び教会の中心にある聖堂に展示されています。

木製の十字架のキリストはミケランジェロがサントスピリト教会修道院へ1492年にお世話になった時に感謝の意を込めて、彫られた作品です。

何世紀もの間、作者がわからないままで、学者のマグリットリスナーが1962年に修道院の食堂でそれを発見するまで忘れ去られていました。その時代のミケランジェロ派の作者推定において、激しい文化論争が引き起こされました。1964年の初回修復後、まず、ローマで展示され、次にフィレンツェのブオナロッティの家で15年以上経ちました。第2回修復後、自治体の博物館担当の働きにより2000年12月にサントスピリトへ帰って来る事となり、ジュリアーノダサンガッロ作香部屋、バルバドリ礼拝堂に展示されました。

 

Milano 

NL Mi 

 

 

 

 

  

 

Radio Leo!

Questa settimana è iniziata una nuova avventura alla Scuola Leonardo da Vinci di Milano. Alcuni studenti hanno registato un programma per la neonata Radio Leo. Ascoltateli e vi divertirete a scoprire ciò che hanno voluto presentarci dal loro Paese. E questa è solo la prima puntata di una lunga serie… fateci sapere cosa ne pensate, lasciate un commento sul nostro blog e alla prossima…

Alla nuova radio della scuola Leonardo Da Vinci si gioca, si ride e si fa musica senza dimenticare i grossi avvenimenti del mondo.

 NL Mi2Ascolta la prima puntata:

  1. 1. Presentazione di Duygu del nuovo programma ‘Amici Del Mondo’ a Radio Leo
  2. 2. la Francia di Marjorie
  3. 3. il Venezuela di Maria

4. i ravioli di Wei-Ning

5. Iroki e Rosemarie sull’arte a Milano

6. Intervista di Maria agli esperti sportivi Gianpi e Ning

7. Notizie Flash – sport

8. La domanda di Monica

9. Saluti da tutti

【ミラノ】 レオナルド ダヴィンチ校発信 『ラジオ レオ』 スタート! 

ミラノ校は『ラジオ・レオ』という新しい企画を始めました。そこで生徒達が新生Radio Leoに収録しましたので、ご案内致します。各生徒の母国について紹介してもらいましたので、ぜひ聞いてみてください。異文化への発見をお楽しみください。 第一弾をお聞きになったら、ご感想をこのブログにお寄せください。

この新企画 スクオーラ レオナル ド ダビンチのラジオと共に、世界の出来事に注目しながら、楽しい時間を過ごしましょう。

プログラムは上記1~9をクリックして聴いてみて下さい。

 

【Roma】

NL Ro

 

 

 

 

 

 Eat, Pray and Love, the director’s Cut

And the book, the bestseller Eat, Pray and Love,  became a movie, hopefully a blockbuster.

As we hinted last year, Julia  Roberts (yes that Julia Roberts!) plays Elizabeth Gilbert touring  the world  after  a divorce in a quest for the perfect life, i.e. good food, spirituality , love and success. And she really found them. Not all of them in one place, though. But, respectively,  in Italy, India and Indonesia (perhaps surprisingly). Of course Italy could have done better, but the Italian males were having a bad hair day and, after all, good food is more important than everything else, isn’t it? And Rome was the place. It all started right here, and when I say here, I mean at the very  spot where I’m writing this, at the Scuola Leonardo da Vinci. After all It was us who taught Elizabeth “how to order the spaghettis”.  At least that’s what she emailed  a friend of hers, another former student of ours . Adding that we are “a deserving lingual institution” and sending our director the “warmest wishes for the continued success of the school”.

 Success? I forgot to tell  you about the fourth ingredient of perfect life. Can you guess where Elisabeth found that one? No? Then you’d better go and watch the movie and help her on her way.

NL Ro2

【ローマ】 

食べて、祈って、恋をして ディレクターズカット版 

大ベストセラー小説「食べて、祈って、恋をして」がヒット作映画になりました。

昨年お知らせしていたように、ジュリア・ロバーツ演じるエリザベス・ギベールトが離婚後に満足する人生を追求するため、すなわち美食、精神力、恋、サクセスを求めて、世界を旅します。

彼女はそれらを本当に見つけ出します。もちろん1つの場所ですべてを見つけた訳ではなく、イタリア、インド、インドネシアを周って。当然イタリアは他の場所より上手くいく筈?だったのですが、イタリア男たちが不穏な日々をもたらします。結局、美味しい食事が何よりも重要ですよね。そう、ローマはまさにそれを提供してくれます。全てここローマで始まったのです。つまり、私が言いたいのは、私が今居るレオナルド ダ ヴィンチイタリア語学校が舞台だったのです。つまり、著者エリザベスはここで“スパゲッティのオーダーの仕方”を学んだのです。少なくともこれらは、私たちの最初の生徒でもある 価値のある語学学校であり、学校の存続と繁栄を願っています、と校長宛てに、クラスメートを通してメールが届きました。 サクセス?最後にパーフェクトライフの4番目の探し物’’サクセス‘’を彼女は見つけたと思いますか。映画を観て彼女の辿った道を覗いてみましょう。

 

SIENA 

NL Si

 

 

 

 

 

Student exhibition at Scuola Leonardo da Vinci Siena

A group of students from Guilford College (Greensboro, NC) have just finished their semester abroad attending Italian language, Art History and Music History courses at our Scuola Leonardo da Vinci campus in Siena. Students also participated in a beginning drawing course taught by Guilford professor Roy Nydorf, which focused on Renaissance and late Medieval techniques and approaches to drawing such as rendering of light and form, cityscapes, architecture, and narrative elements.

We organized a small one-day exhibition of the drawings and invited all the Leonardo da Vinci students, the Guilford host families, and other special guests to a reception with terrific food and drinks. The feedback was good for the students and it was a fun and happy occasion for all!

【シエナ】 

レオナルドダヴィンチ シエナ校の生徒が開いた展示会 

NL Si2

Guilford Collegeから来た学生達がイタリア語、美術史、音楽史コースを当校で学び、セメスターを終了しました。 彼らは、他にもGuilfordの教授Roy Nydorf氏より 初級デッサンコースを習得する機会にも恵まれ、そのコースはルネッサンスと中世末期の技術に集中した内容で、光を演出するような描き方と形、風景、建造物、物語り要素の描き方を指導してくれました。

デッサンについて1日だけの展示会を開催し、当校の生徒達、またホストファミリー、特別ゲストをお招きし、素晴らしい食事やドリンクを楽しんで頂きました。 振り返れば本当に楽しい、幸せな機会であったと思っています。

 

2011年1月20日 (木)

ヴェネト州料理 ~Cucina Vaneta ~

1. Capesante Grigliate    
       ホタテのグリル ヴェネト風      

Antipasto p


【Ingredienti per 4porzioni 材料4人分】
ホタテ           Capesanti          8 個
にんにく         Aglio        1-2片
パセリ           Prezzemolo   q.b. 適量
卸したパン粉   Pane grattato  大さじ8
塩 こしょう      Sale e  pepe    q.b. 適量
EXVオリーブオイル      Olio EXV d'oliva             q.b. 適量
パルミジャーノ        Parmiggiano  grattuggiato   大さじ1
白ワイン 又は コニャック  Vino Bianco  o  Cognac  大さじ1

【Preparazione 手順】
・にんにくとパセリをきざみます。
・塩、オリーブオイル、卸したパン粉を加えます。
・よくかき混ぜ、ホタテの上にスプーン1さじ分乗せます。
・オーブンを予め、200℃にて温めておきます。
・オーブンで15分程度入れます。


・Tritate l'aglio con il prezzemolo.
・Aggiungere il sale, l'olio d'oliva e il pangrattato.
・Amalgamare l'impasto e metterne un cucchiaio sopra le capesante.
・Prima riscardare al forno a 200°.
・Cuocere al forno per 15 min circa.

 

 

2.  Bigoli-Spaghetti(fatti in casa) con le alici
            手打ちパスタ(ビゴリ) アンチョビソース

Primo p

【Ingredienti per 4porzioni 材料4人分】
★Spaghetti 手打ちパスタ  (500g)
卵             Uova     4個 
小麦粉    Farina        400g
セモリナ粉  Semola di grano duro   100g

★Salsa   ソース
アンチョビ  Alici sott'olio    100-200g
玉ねぎ      Cipolla              小 1/2 
にんにく       Aglio
EXVオリーブオイル  olio EXV d'oliva   適量

【Preparazione 手順】
・パスタを作ります。
・にんにくと玉ねぎを炒めます。
・更にアンチョビを加えます。


・Lavorare la pasta
・Fare un soffrito con l'aglio e cipolla .
・Poi unure le Alici.

 

 

3. Crostoli  
   クロストリ(カーニバル時期に召し上がるドルチェ)

Dolce p

【Ingredienti per 4porzioni 材料4人分】
卵                       Uova           2個 
砂糖                     Zucchero   大さじ2~4 
オレンジ・レモン   Arancia e Limone   少量
グラッパ            Grappa       大さじ2 
バター                  Burro         20g
小麦粉               Farinat tipo 00    200g
塩                    Sale            少量 
粉砂糖               Zucchero a Velo  適量

【Preparazione 手順】

・全ての材料を良く混ぜ、薄い生地にします。
・薄くした生地をカッターで細かく切っていきます。
・高温にしたオイルに入れ揚げていきます。
・良く油を切ったら最後に粉砂糖をかけ出来上がり。


・Impastare bene tutti gli ingredienti e fare dei fogli sottili.
・Tagliarli a pezzi con la rotellina dentata .
・Friggerli nell'olio caldo.
・Farli ben sgocciolare e cospargerli di zucchero a velo.
 

 

イタリア各地のお料理講座 ~ Cucina Veneta ヴェネト州 ~

1月は Sig.ra Graziella さんをお迎えして、ヴェネト州伝統のイタリアマンマの料理を作りました。

イタリア料理だけでなく、イタリア語も学ぶことができ、楽しいお料理レッスンになりましたshine

Antipasto (前菜): 

Capesante grigliate     ホタテのグリル ヴェネト風          

Antipasto p

 

新鮮な貝付きホタテをイタリアンパセリ、パン粉などを載せグリルしたものです。restaurant

こんがり焼けたパン粉と、柔らかいホタテがマッチした一品です。 

 

 

 

 

Primo Piatto(プリモ):

Bigoli-Spaghetti(fatti in casa) con le alici  

手打ちパスタ(ビゴリ) アンチョビソース

 Primo p

日本ではあまり聞き慣れないかもしれませんが、「 Bigoli 」(ビゴリ)とは専用のパスタマシンで作られる、1m近くあるとても長いパスタですflair

 

  

 

 

 

Dolce(ドルチェ): 

Crostoli  クロストリ(カーニバル時期に召し上がるドルチェ)

Dolce p

 

地方により、呼び名が異なりますがVeneto州では Crostoli (クロストリ)と呼ばれるそうです。

小麦粉、砂糖、バターなど素材はとてもシンプルですが、サクサクの歯ごたえと優しい甘みで、いくつでも食べれてしまいそうですdelicious

 

 

Vino(ワイン):

 Vino p

 TRAMIN 2008 12.5%vol

 造り手:KELLEREI CANTINA

 

 

 

 

 

 

【 1月16日 】 

Foto1 pFoto2 p

みんなでパスタの生地を捏ねているところです。

あまり水分を入れない固目の生地のため、とても力のいる作業ですが、ここで水分を入れすぎてしまうと美味しいパスタになりませんsweat01 

  

  Foto3 pFoto4 p

 flair 表面がこの様にツヤが出るまで捏ねるのがポイントです。(Photo左)

  Crostoli (クロストリ)の生地に入れる、レモン、オレンジ、グラッパです。(Photo右)

  

Foto5 p Foto6 p

 

 

 

 

 

 

 さて、続いては Graziella さんに捏ね方の見本を見せて頂き、Crostoli(クロストリ)の生地を捏ねていきます。

 

Foto7 p Foto8 p

 

 

 

 

 

 

少し寝かせておいた生地を、パスタマシーンで徐々に薄くしていきます。

 

Foto9 p Foto10 p

Crostoli(クロストリ)の生地にはすぐ火が通るように、切り込みを少し入れておきます。(Photo右)

 

Foto12 p

Foto13 p

 Crostoliを次々に揚げていきます。

 

Foto14 p Foto15 p

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーブンに入れる前の、Capesante grigliateと一緒に。(Photo右)

 

Foto16 p Foto17 p

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太めに切ったパスタを少し乾燥させます。

 

Foto18 p Foto19 p

 

 

 

 

 

 

 

Foto20 p Foto21 p

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 パスタも茹であがり、本日のお料理の完成ですnote

 

Foto22 p Foto23 p

 

 

 

 

  

 

 

Veneto州の白ワインと一緒に乾杯ですshine

 

【 1月20日 】

Foto24 p Foto25 p

 

 

 

 

 

 

 

 Foto26 p Foto27 p

 

 

 

 

 

 

 パスタに使用する、Alici(アンチョビ)ソースを作っています。(Photo右)

 

Foto28 p Foto29 p

 

 

 

 

 

 

 

Crostoliの生地を細かく切り、更に切れ目を入れていきます。(Photo左) 

 Foto30 p Foto31 p

 

 

 

 

 

 

立派なホタテですwave 

 

Foto32 p Foto33 p

 

 

 

 

 

 

 

出来上がったお料理と、お料理に合わせてセレクトした白ワインで乾杯note 

 

Foto34 p

 

今回は小さなお子様にも参加いただきましたhappy01

Salutiwine

 

 

 

 

2011年1月 1日 (土)

LCI - Lingua x Cultura Italiana

restaurantイタリア各地のお料理講座 wine

cafe2月 エミリア‐ロマーニャ州のお料理 apple Cucina Emiliana-romagnola

イタリアきっての食の都、こちらの州は美味しいレシピが豊富です。今回はやっぱり外せないラザーニャをほうれん草を加えて、サンジョヴェーゼ100%の輸入されていない限定ワインと併せます。

開催予定日 2月13日(日) 11:00~14:00

 2月16日(水) 18:30~21:30 

 2月17日(木) 12:00~15:00 開催決定

参加費 4500円

お申込み締切日 2月1日(火)

 

Menu

1) Antipasto:Zuppa di Finocchio 胃に優しいフェンネルスープ

2) Primo: Lasagne Verdi  グリーン ラザーニャ

3) Dolci: Crespelle con gelato alla panna e fragole al balsamico tradizionale di Reggio Emilila   バルサミコを使ったイチゴのドルチェ

VINO : ワインは ソムリエがお料理に併せてセレクトいたします。

CAFFE' 

  Zuppa di finocchiLasagne-verdi-bologneseCrespelle con gelato alla panna e fregola

(写真はイメージ)

 

  Pomodoroお申込みはこちらからどうぞ♪

     ★4名以上の開催のため、原則開催日の1週間前までにお支払と共にお申込み頂きます。
     ★お支払は銀行振込み。またはスタジオへお立寄りの際に直接お支払くださいませ。

 


 

観光 Turismo と 食文化 Culinaria セミナー・ワークショップ

 wineワインの王様 ''バローロ''と''ドルチェット・アルバ'' ピエモンテ州 LANGHEよりwine

 IL Seminario sui VINI  da LANGE nella regione PIEMONTE  

   0204vini_etichettabarolo

    heart開催日    2月27 日(日)16:30~18:30  

  Domenica,27 Febbraio 2011 dalle 16e30 alle 18e30 

 Ammissione 早割 2500円(2月14日お申込・お支払完了まで)

  参加費 3500円

  イタリアより生産者とインポーターをお招きして、各ワインのテイスティングと 併せたお食事をお楽しみください。 

 

 lovelyVendita a prezzo speciale  特別価格で販売もございますnote

  お申込はこちらからどうぞ。 

 


 

 

 Info1 Info2

 

Info3_2

 

 

 

 


 

 INFO10

                                      

 


                 Copyright(c) All right reserved. 2011  Lingua x Cultura Italiana - LCI     

 

 


東京・吉祥寺 イタリア語・イタリア料理・文化セミナー教室


LCI Lingua x Cultura Italiana    エルシーアイ イタリアカルチャースタジオ

----------------------------------------------2014年 Notizia!------------------------------------------

NOTIZIA!  『イタリア 手打ちパスタのいろいろ~郷土料理とワイン講座 

NOTIZIA!  『ミラノEXPO+スクオーラレオナルドダヴィンチセミナー』ミラノ校長来日します!  

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

イタリア語 コース

イタリア語コース ふたりスペシャル~入会金半額。お2人様でグループ料金適用!

 ☆☆☆ イタリア語無料体験レッスン・相談会      受付中 ☆☆☆

イタリア料理とワイン講座

 イタリア食材・郷土料理研究家 松山 恭子がご案内致します。

Insalata di farfalle月のテーマはPASTA FRESCA!手打ちパスタいろいろ!

一緒に手打ちパスタをいろいろ作りましょう! お持ち帰りもありますよ。


イタリアオリーブオイル

     イタリア文化セミナー


 

 

 


 


スクオーラレオナルドダヴィンチイタリア料理留学
   お知らせ  ロングステイ財団のポッドキャスト(

 

 

   

podcast! Kyoko Matsuyamaが放送しておりますので是非、聞いてくださいませ。 こちらをクリック! 


Copyright(c) All right reserved. 2013  Lingua x Cultura Italiana - LCI    

 

 

 

 

 

 イタリア語を学ぶ面白さは、言葉を通してコミュケーションが取れるだけでなく、豊かな文化を知る事にあると考えます。料理や旅行など目的に応じた語学講座を開催しています。イタリアの人・モノに触れて、知識と交流を深める機会を提供して参ります。